PROFILE

 

大草 直子Naoko Okusa

1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「Decolen」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に (講談社)がある。プライベートでは3児の母。

著者一覧へ
 
   
会員登録