こんにちは、編集・川端です。
予告通り、今年読んで面白かった小説ベスト10を紹介したいと思います。2016年刊行されたものに限定せず、今年映画化、ドラマ化などで話題になったものも含めて一挙ご紹介。年末年始のお供に、今年のエンタメ振り返りに、楽しんでいただけたら嬉しいです♬

では早速、第10位から。。

松嶋菜々子さんと菅野美穂さんのドラマ『砂の塔』が始まった時、この本を題材にしているのかなと勝手に思っていたのですが、あちらは完全にオリジナルだそう。

子宮頚がんワクチン接種の副作用をテーマにした中山七里さんらしい医療ミステリー。ハーメルンを名乗る誘拐犯は正義を語る。序盤からきっとこの人がハーメルンだなと思っていた人が違って、大どんでん返しがおこるところもドラマと似ています。

第9位は、(上下巻)。

今回の“標的”はスカーペッタ自身? 不審なツイート、家のそばに並べられたコインが意図するものは……期待を裏切らないスリリングな展開とおなじみの登場人物たちが年を取ってきている変化も読みどころ。 

私、アメドラも大好きなのですが、『メジャー・クライムス』や『殺人を無罪にする方法』『スキャンダル』などなど女性主人公のものが特に好きです。

でもどのヒロインも、パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズのスカーペッタの魅力にはかなわない、と思っています。映像化されていないから余計に理想の女性像になりやすいのかもしれませんね。

そしてつい最近、が発売になったばかり。年末ゆっくり読もうと思ってます! 

 

さて第8位は、湊かなえさんの

あらすじと見どころは「『ポイズンドーター・ホーリーマザー』羨ましいという苦しみを癒す」に書いているので、ぜひこちらでご覧ください。

湊かなえさんでいうと、 

今年、山本美月ちゃんと本田翼ちゃんのダブル主演で映画化されたも好きな作品です。映画はあまりヒットしなかったみたいですが、私は結構楽しめました。(可愛い二人が制服着て喋っているだけで眼福♡)
『ポイズン〜』も面白かったのですが、昨年の作品での方が私は面白かったです。「誰かの役に立ちたい」というある種のエゴと地方の商店街の閉塞感が嫌というほどねっとりと描かれています。

さて第7位は、。

「別冊文藝春秋」連載時から楽しみに読んでいました。人気アイドルグループの内幕をリアルに描いたポップで今どきな作品。

今年、ミュージシャンを目指す若い女性がファンの男性に滅多刺しにあうという痛ましい事件がありました。

会いに行ける、コメントの返事が来る、ファンの要望にすぐに応える……ステージに上がる人と応援する人の距離が近く、目線が同じになったことで、誘発されてしまうファン側の認知欲や嫉妬心。

朝井さんの作品で描かれるのは初の武道館コンサートを目指す“坂を登る途中”のアイドルグループなのですが、「みんなの人気者になる」ことで大切な人生の何かを手放すこともあるのだろうな、と少女たちがかわいそうになってしまいました。

映像化も決まっているそうなので楽しみです。

すみません、長くなってしまったので、いったんこの辺で! 年内に1位までたどり着けるかな……(汗)。

ではではまた〜。