アルミのポット、砂糖の入った小さなグラス、そしてミントたっぷりのグラス。スプーンが1本。それが小さなアルミのトレイにのっています。東京都現代美術館にあるアジアンカフェで、ミントティーを頼むと、こんなセットで出てきました。ペコペコのアルミ、というのが可愛い。ミントの入ったグラスに砂糖を加えて、そこにポットのお茶を注ぐと、ベトナム風ミントティーに。ままごとのようで楽しくなってしまいました。小さなトレイに一式のっている、というのがいいのだと思います。私はもともとトレイが好きで、大小何枚ももっているのですが、もっといろいろな使い方を考えてみようと思いながら、お茶の時間を楽しみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「インテリアの気づき」を、以下でもで発信しています(ほぼ毎日更新中)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー