北欧・フィンランドのインテリアの代表格は、アルテックの家具とイッタラの器。アルテックは世界的建築家、アルヴァ・アアルトが友人たちと設立。アアルトがデザインした家具や小物を主に扱っています。今、アルテック80周年を記念して、新宿のOZONEで展示中。年代に沿って置かれた家具は、実際に座ることもできます。それと共に、コンランカフェはアルテックの家具でコーディネートし、イッタラの器を使った限定メニューも登場。イッタラの器は形がシンプルなだけに、自由に色を楽しめるのが魅力。どんな組み合わせで出てくるのか、意外な色合わせも楽しみです。北欧の家具と器に触れるカフェと展示に、あなたも出かけてみませんか?

写真はアルテックの家具とイッタラの器で演出されたコンランカフェ。 新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催中のアルテック80の展示と関連イベントは