日本のふるさとを描き続ける素朴画家・原田泰治さんと、美しい日本語とメロディーで日本人の心を歌い続けるさだまさしさん。「まさし君の歌が人々をあれだけ魅了できるのならば、僕は絵の世界で、人に夢や希望を湧き立たせることができるようになりたい」と原田さんは語っています。
初対面で互いに魅かれあった二人の友情から、それぞれの絵と歌を組み合わせた『こすもすの詩』『やまざくらの詩』『れんげそうの詩』という3冊の画集が生まれました。
長野県諏訪市の原田泰治美術館では、3冊の画集に収載された原田さんの絵の原画49点それぞれに、さださんの歌詞パネル49点を添えた「二人の友情展」が始まりました。「画集の立体化」とも言える展覧会をたくさんの人が楽しんでいます。

 
『こすもすの詩』p.32-33

さださんが山口百恵さんに楽曲を提供してヒットした「秋桜(こすもす)」(1978年)。小春日和の一日、嫁ぐ日を前にした娘と母の間に流れる穏やかな風。そしてその風は、原田さんの描く「コスモス」(1995年)咲く湖面にもやさしく吹きわたっています。

『れんげそうの詩』p.2-3

いっしょに旅もするようになった原田さんとさださん。テレビ番組の収録で、旧山古志(やまこし)村を訪ねました。村の人たちの温かさにふれ、原田さんは「雪深い村」(2002年)という絵を描き、さださんは「春待峠」(2002年)という曲を作りました。
しかし2004年10月の中越地震によって、描いた家々は土砂崩れにのまれてしまいます。村の再生を願って原田さんが再び描いたのが「山古志の春」(2005年)。芽吹きのやさしい色が山を包み、池には村特産の錦鯉が泳ぐ、被災前の山古志の春でした。

強く強く祈ったら いつか叶うかな
二人 手のぬくもりを 抱きしめる春 (「春待峠」より)

『れんげそうの詩』p.20-21

画面いっぱいに、北海道美深町に咲くジャガイモの白い花を丹念に描いた原田さん。「ジャガイモの花」(1984年)に添えられたさださんの曲は「北の国から 遥かなる大地より」(1982年)。ご存知のようにこの曲に歌詞はありませんので、さださんが富良野・倉本聰宅での名曲誕生の秘話を、エッセイとして寄せてくださいました。

二人の出会いは、さださんが書店でその書名に惹かれて、『さだおばさん』という原田さん作の絵本を手にしたことに始まります。その絵に描かれた雪を見たさださんは、「泰ちゃんの絵に降る雪に惚れた、その雪は本当に掌の中で溶けた」と語っています。その後出会った二人は意気投合、「泰ちゃん」「まさし君」と呼びあう、変わることのない友情の始まりでした。
「まさし君が日本を、日本の失われつつあるものを歌い続けるのならば、僕は、それを描き続けようと思った」(原田さん)
「私は日本を愛しています。リキまず、媚びず、堂々と伝えられる音楽になりたい。心からそう思った。泰ちゃんのように」(さださん)
共鳴し、認め合い、刺激しあう二人の友情。ふるさとを、そして日本を思う気持ちは途切れることなく、そしてぶれることなく続いています。

 
 
企画展 原田泰治×さだまさし 二人の友情展
会期:2019年8月7日(水)~2020年1月13日(月祝)
   月曜休館・12月28日(土)~1月1日(水)年末年始につき休館
会場:諏訪市原田泰治美術館 第二展示室
住所:〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-375
http://www.taizi-artmuseum.jp/

チケット読者プレゼントのお知らせ
10組20名様に「原田泰治×さだまさし 二人の友情展」の鑑賞券をプレゼント

諏訪市原田泰治美術館での企画展「原田泰治×さだまさし 二人の友情展」(2019年8月7日〜2020年1月13日)の観賞券をプレゼントいたします。

応募締め切り:9月12日(木)〜11:59まで
●応募にはDecolenの会員登録(無料)が必要です。
●プレゼントのご応募は、1回までとさせていただきます。
●当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

応募する


『こすもすの詩』『やまざくらの詩』『れんげそうの詩』などの画集や、『さだおばさん』などの絵本は、「諏訪市原田泰治美術館」のミュージアムショップでお買い求めになれます。

『こすもすの詩』『やまざくらの詩』『れんげそうの詩』など講談社ARTピースのほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。
講談社くらしの本はこちら>>

構成/生活文化チーム

出典元:https://kurashinohon.jp/1114.html