こんにちは!

なんだか日本はこの時期とは思えないぐらい涼しい毎日だそうで。対してフランスはと言えば、来週もcanicule(熱波)が来るらしい!

天気予報では水曜、木曜あたりは40度なんて書いてあり、今から戦々恐々としております……。

特にメトロなどに乗ると、冷房もないので蒸し風呂に入っているみたいになるんですよね。。

もともと日本にいた時から、編集長とのアポがあるのに遅れてる〜!と急いで会社に戻り話しかけようと近づいたら、「井筒ちゃん、熱い!」ってひかれたりしたことがあるぐらい、体内温度が上昇しやすいタイプ。当然、汗もめっちゃかきます。

なので私にとって制汗剤は一年中必需品なのですが、最近のお気に入りがSchmidt’sのデオドラント。

アメリカ発のこのブランドは、自然派と効果の高さを両立させていることがウリ。2010年にシュミッツさんが家族のために安心安全でいい香りのデオドラントを作ろう!と手作りし始めたのがブランドのスタートだったそう。

使い始めたのは、ボンマルシェで見かけた際、この固形スティック状に「懐かしい〜!」と思ったのがきっかけ。アメリカって、このスティックタイプがメジャーなのに、日本はあんまり見かけないですよね。

でも、スプレーより液状ロールオンより、きっちり肌にムラなく塗れるので、私としてはこれが一番効果が高いなーと常々思っていたのです。

アメリカからの輸入品でちょいとお値段は高かったですが(14€ぐらい。アメリカだと9$弱)やはりしっかり汗とニオイを抑えてくれる感じでイイ。

さらに良いのが、香り! 私はジャスミンティーの香りを購入したのですが、本当にジャスミンティーを入れたみたいないい匂いで、つけるのが楽しいんです。なかなか「つけるのが楽しい」と思える制汗剤って、なくないですか?

他にも、ラベンダー&セージや、シダーウッド&ジュニパーなど惹かれる香りがあって迷いました。

あと、脇にはリンパ節など重要な器官があるのに、効果ばかりを求めて「身体に使ってイイの?」と思うような金属系の成分が入っているのはイヤなんですよね。なので、自然な成分で作られているところも安心かなと思っています。