著書『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』が話題の、ファッションエディターの伊藤真知さん。“ユニクロ5割の簡単コーデ”を提唱する伊藤さんのコーデは、大人の女性にちょうどいい女っぽさとカジュアル感で人気です。前回の特集に続き、今回はさりげなく、でもどこかに夏らしい女っぽさを足せる、伊藤さんオススメのユニクロの名品アイテムをご紹介します。

伊藤真知さんの”ユニクロ5割の簡単コーデ”を一覧で見る>>

1 とろみ素材で華やか。黒のレーヨンブラウス

レーヨンブラウス/ユニクロ

「ブックフォーマル的な装いのとき、私がよくしているのは、とろみ素材を組み合わせたオールブラックの着こなし。かしこまった席にもふさわしい上質感があり、ユニクロのシンプルな黒を華やかに格上げしてくれます。そして実は、ユニクロ自体にもそういったシャツやブラウスが豊富なんです」


2 長め丈で履きやすい。サーキュラースカート

フロントボタンサーキュラースカート/ユニクロ

「丈が長くなって履きやすくなったフロントボタンサーキュラースカートは、私がスカートデビューするきっかけになった一枚。梅雨時期は雨や泥ハネで汚れやすいので、洗えてシワになりにくい素材感もポイントです」


3 見た目も着心地も涼しげ。夏のリネンシャツ

プレミアムリネンシャツ(長袖)/ユニクロ

「風通しがよく、汗をかいてもすぐに乾くと夏にいいことずくめの“プレミアムリネンシャツ”は、毎夏ヘビロテしているアイテムです。リラックスした雰囲気で着ることが多いので、ベージュやグレー系など上質感のある色を選ぶのがマイルールです


4 脚長効果もアリ。ウエストゴムのテーパードパンツ

EZYアンクルパンツ/ユニクロ

「腰回りにゆとりがあり、裾にかけてゆるやかに細くなっていくテーパード型。そんな誰でも美脚になれるシルエットもさることながら、ウエストがゴム、というのもオススメの理由。お腹ではけるとウエスト位置が上がり、脚が長く見えます」


5 透けない白、の切りっぱなしデニム

ハイライズドワイドクロップジーンズ/ユニクロ

「迫力が出すぎる気がして日常では使いにくかった白のワイドパンツもカジュアルデニムならハードルも低め。手頃なユニクロだからこそ、“真っ白”に挑戦できるのもいいですね」

伊藤真知さんの”ユニクロ5割の簡単コーデ”をもっと見る>>

伊藤 真知(いとう まち)

ファッションエディター。1979年生まれ。津田塾大学卒業後、出版社に勤務。その後フリーとなり、『VERY』『with』『BAILA』『Marisol』など、幅広い女性誌で活躍。ファッションページの編集やインタビューの他、ブランドのカタログ製作なども手がける。ユニクロをテーマにした企画も多く担当し、自身もユニクロを偏愛。本人のシンプルだけれどどこかお茶目なカジュアルコーデはさまざまな媒体で注目されている。

 

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』
著者 伊藤 真知 講談社刊 1400円(税抜)


ユニクロがいいからユニクロばかり着ているけれど、私のおしゃれ、無難すぎ?  人とかぶってる?  いい年して毎日ユニクロじゃダメ?
そんな、ユニクロ好きの大人が抱えるお悩みを、おしゃれのプロがスッキリ解決します!
「身長155cmでも、ユニクロはメンズ売り場から見る」
「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」
「超ベーシック服なら人とのかぶりは気にしないでOK」
「大人にちょうどいいのは“ユニクロ5割”コーデ」
「ユニクロには“一生モノ”のバッグはいらない」
「¥1000Tシャツで毎日おしゃれになれる」
など、目からウロコが落ちるユニクロスタイルのコツが満載!
ユニクロを人気ファッション誌で何度も特集し、本人も着倒してきたからこそわかる、真実のユニクロ名品リストも公開。
みんなが着ているユニクロをもっとおしゃれに着るためのすべてがわかる一冊です。

『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。
講談社くらしの本はこちら>>

撮影/須藤敬一(人物)、魚地武大(TENT/静物)

 

・第1回「【大人のユニクロ塾】この春買うべき圧倒的「高見え」シャツ」はこちら>>
・第2回「プロが8本購入。ユニクロ最強パンツは1年中使えて、誰でも美脚!」はこちら>>
・第3回「コーデの5割まで!ユニクロをおしゃれに着こなす基本ルール」はこちら>>
・第4回「ユニクロ ユーの名品「1000円Tシャツ」で、毎日おしゃれ!」はこちら>>