GREENWICH JEANS¥20520/シンゾーン

ファッションエディター、しかも会社に属していないフリーランスという形態で働いているため、日々の着る服にドレスコードなどは特になく、比較的自由度高め。…ではあるものの、「気分」だけで服を選ぶことは少ないのが現状です。打ち合わせがあればその相手に合わせて、きちんと感とトレンド感のバランスを考える。雑誌の企画の打ち合わせや商品開発の場には、参考になりそうな素材・デザインを自ら着ていくこともあります。

それ自体がイヤというわけではないのですが、もうまったくの「気分」だけで服を着るのも大好き! 専門的なことはわかりませんが、人や予定に合わせるのと、気分だけで着るのとでは、脳の使っている部分が別な気がします。

私の場合、「気分」というのは「女性像」と言い換えてもいいかも。「キリッと利発な女性」の日は“黒スキニー”、「無邪気でボーイッシュな女性」の日は“インディゴロールアップ”、「どことなくアンニュイな女性」の日は“超ライトブルー”。

で、今ハマっているのが「ヘルシーなイイ女」(笑)の日のフレアデニム。夏空のような鮮やかで均一なブルー、深めのウエストからヒップ、太ももまではピタピタでボディコンシャス。膝下から裾にかけてのみ、ほんのりフレア。清々しくて、メリハリがあって、ポジティブな雰囲気が、なんとも健康的でイイ女感! 足元はヒールを履くと「イイ女」すぎてトゥーマッチ。「ヘルシー」部分が飛んでいってしまうので、ビーチサンダルなどフラットシューズくらいにとどめるのが私なりのポイントだったりします。

梅雨明けして30℃超えくらいの正真正銘の「夏日」になったら、キャミソールを合わせる予定。デニムがフルレングスなので、上半身の露出もうまーくバランスをとってくれるから。

「小林さん、今日はヘルシーなイイ女気分なのね」とバレるのはちょっと恥ずかしいですが(笑)、気分がアガるデニム、よかったらご一緒に♡

 

「ヘルシーなイイ女」といえばこれ(笑)、白T×デニム。全体的に太いワイドデニムとは違って、膝下だけフレアなので、私のような小柄な体型(154cm)でもすっきり脚長に見えるのもうれしい!

デニム#シンゾーン
バッグ#モア ザン
サンダル#ギャップ

前回記事「辛口派のための、甘くない「甘トップス」」はこちら>>