「スキンケアを全てCBDプロダクトにした」、という人に会うことが立て続けにあり、さらにペットにもCBDを使っているという人に会った。CBDは、気分高揚感や陶酔感などTHCが引き起こす向精神効果を受けることなく、痛みや炎症を抑えてんかんやけいれんに働きかける。

 

ペットフレンドリーなCBDを販売しているのは、Holistic Hemp Company のCBD。コロラド州で栽培されたオーガニックヘンプを使用し、成分吸収に最も有効とされるココナッツオイル(MCT)を配合している。

ペット用のココナッツヘンプオイルチンキ、Pet Tincturesは、エサに混ぜて与えるか、皮膚疾患に直接塗ることも可能。Photos courtesy of HOLISTIC HEMP CO.

興奮を鎮め様々な軽い慢性疾患の症状にも効果がある。調査によれば、CBDを使用したペットの犬と猫について、飼い主のほぼ全員が鎮痛効果があったと回答。また炎症を抑える効果も多数報告されている。

【写真左】慢性疾患の痛みが和らぎやっと安眠できる、と話題のヘンプマッサージオイル。筋肉痛や関節痛に効果があり、保湿オイルとしても使用できる。 【写真右】保湿効果だけでなく、リラックス効果もあるというリップバーム。

今夏、試したいのは、ヘンプのリラックス効果を生かしたバスボムソーク(発泡性の入浴剤)。

ヨーロッパ産のクレイとエッセンシャルオイルも含まれている。ゆっくり溶けるので、半分とけた時点で取り出せば2度使用できるのが特徴。

人もペットも、CBDでウェルネスな日々を♫