連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインに想いを寄せる純朴な見習いコック。ドラマ『今日から俺は!!』では卑劣な極悪ヤンキー。そしてドラマ『きのう何食べた?』では年上の恋人を振り回すワガママな同性愛者。作品ごとにまったく異なる顔を見せ、「新世代のカメレオン俳優」の呼び声が高い磯村勇斗さん。
ドラマ25 『サ道』では、サウナにハマる経営コンサルタントを演じます。舞台はサウナだけに、全編ほぼタオル1枚のみの裸(!)での撮影。実に異色の現場になったようです。

 

磯村勇斗 1992年生まれ。静岡県出身。2014年デビュー、翌2015年のドラマ『仮面ライダーゴースト』のアラン役で注目される。その後もNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017)、『きのう何食べた?』(2019、TX)など、話題作への出演が続く。2018年のドラマ「今日から俺は‼」で演じた相良猛役で、第14回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞を受賞。8月25日(日)より始まる舞台「プレイハウス」ではアイドルグループ・GANG PARADEとW主演、ミュージカル作品に初挑戦する。

写真をもっと見たい人はこちら>>


よく『股間が見えていた』ってNGをもらいました(笑)


「撮影中は股間が見えてNGっていうのが結構ありましたね(笑)。スタッフさんから『もう1回やらせてください』って言われて『どうしたんですか?』って聞いたら『股間が見えていた』と。なので、お芝居よりむしろそっちの方にヒヤヒヤしながら撮影していました(笑)」

そうユーモアたっぷりに撮影現場の様子を振り返る磯村さん。ドラマを機にすっかりサウナにハマり、今では2~3日に1度はサウナに行かないと気がすまない身体になってしまったのだとか。スタッフがタオルなどを扇ぐことで生まれる熱波が人気の「ロウリュウ」では、こんなちょっと特殊な経験もしました。

「その日のお店のスタッフさんがまだ若い新人さんで。バサバサって扇ぐんですけど、ちょっとまだ風が緩いんですね。で、3回目、『これが最後です。頑張りますのでよろしくお願いします』って挨拶したら、周りから一斉に『頑張れー!』って大声援(笑)。裸の男30人がみんなで応援しだしたんです。思わず僕も一緒になって『頑張れー!』って声を上げていました。その一体感がたまらなく楽しくて、これがサウナの醍醐味かと(笑)。新人の子も感動して最後はちょっとウルウルしていました」

話題作への出演が相次ぎ、今やすっかり若手実力派の一角に。新しいお仕事が続々と控えています。中でも8月25日(日)から開幕のPARCOプロデュース『プレイハウス』は1年半ぶりの舞台。歌舞伎町のカリスマホストという攻めた役どころに挑戦します。

 

「すごく面白い役だなと思いました。僕は役柄に対する抵抗というのは一切ないです。いろんな役柄に挑戦するのが俳優の仕事だと思うから、どんなものでもやってみたい。今回の役もきっと自分にとっていいステップアップになるだろうなって、めちゃくちゃ興味を持ちました」

磯村さんは、まだ世間に名前が知られていなかった頃から小劇場で経験を積んできました。客席数834席の東京芸術劇場プレイハウスは、磯村さんにとってこれまでで最も大きいステージとなります。

「不安はもちろんあります。自分の身体と表現ははたしてこのキャパで通用するのか。きっとこれから稽古をする中で、今の自分にはない技術や表現方法を求められることもあるだろうし。自分にとって、新しいことを学ぶ時間になるじゃないかなって」

 

 

意志を持って戦わないと、この世界で生き残れない


一方で、それだけ大きな劇場に立てるのは、役者としてひとつ上のステージに上がった証。『ひよっこ』以降、磯村勇斗の名前は全国に広がっています。

「周りの環境はもちろん変わりましたけど、僕自身がどうかと言ったら、それほど大きく変わったところはないかなって。唯一感じることが増えたなと思うのは、責任感。これだけ注目していただけるからこそ、どんなお仕事も無駄にしたくはないし、関わる作品1本1本に対して、いいものにしていきたいという責任感は以前より強くなっている気がします」

 
  • 1
  • 2