スタイルがある人は、必ずといっていいほどデニムを愛し、自分らしく着こなす術を知っています。

この連載では、自分のスタイルを確立している方々の、デニムとファッション、ライフスタイルの関係を紐解いていきます。今回登場するのは、一年のうち300日はデニムをはいているという人気スタイリストの斉藤くみさん。

リーバイス®︎のプレミアムラインで、最上級の素材と技術で作られるコレクション「リーバイス®︎ メイド&クラフテッド®︎」を着て頂き、斉藤さんと“デニムとファッション”について考えていきます。

斉藤くみ 1977年生まれ、身長166センチ。モードからリアルクローズまでトレンドをおさえたスタイリング提案に定評がある。ファッション誌を中心に広告、カタログ、女優、アーティストなど幅広い分野から厚い信頼を寄せられている。インスタグラム

 

同世代の女性たちにジーンズを諦めないでと言いたい!

私は、大げさではなく、1年のうち300日はジーンズをはいています。

靴やバッグなどの小物はもちろん、ジャケットやコートを買うときも基準は、ジーンズに合うかどうか。高校生のときにジーンズに目覚めてから、ずっと変わらず私のファッションの主役はジーンズなんです。

ひと口に“ジーンズ”といってもシルエットやカラー、そしてはくサイズ、丈感などの違いで、表情が変わってきます。それぞれの選び方は、どんなふうに着たいか、体型をどう見せたいかによって違ってくるし、どう選んでもいいのがジーンズの魅力であり、醍醐味。

年齢を重ねたことや体型の変化によって、ジーンズが似合わなくなったという声をよく聞きますが、ジーンズを愛する私としては、「ぜったい諦めないで!」と言いたいです(笑)。

最近のハイライズのデニムは、とてもはき心地がよくて、腰回りをうまくカバーして脚長に見せてくれますし、逆に丸くなったお尻を女性らしく魅力的に見せてくれるものも。あえてサイズをあげて、女性らしく丸いラインを強調しないこともできますし、私の場合は、メンズのデニムを選ぶこともあります。​

そういえば娘も最近ジーンズをはくようになりました。3本ジーンズを持っているのですが、はくのはハイライズの1本だけ。まだ6歳の彼女ですが、はき心地やシルエットに何か感じるものがあったのでしょう。ジーンズは直に肌に触れるものだからこそ、素材やシルエットの違いがダイレクトに伝わってくるのだなと、改めて気づかされました。

素材やシルエットの違いは、実際にはいてみないと分かりません。そして、誰しも必ず似合うジーンズがあるので、ジーンズから遠ざかっていて、この記事を読んでショップに足を運んでくれる方がいたら、本当に嬉しいです(笑)。

斉藤くみ


 Denim01 

女性らしい「701」をサイズあげてはくことで

大人の上質カジュアルに
 

 
 

 世界初の女性のためのジーンズとして誕生した「701」。初めて登場したメイド&クラフテッド®︎バージョンは、ストレッチ入り。ファブリックは世界に誇る日本の「カイハラ」のものを使用し、長時間はいていても脱ぎたくならないほどノンストレスなはき心地を実現しています。¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン  その他/斉藤さん私物

脚やヒップラインにフィットさせて、脚長効果を出すのが「701」の定番スタイルですが、斉藤さんはあえて、やや大きめサイズを選んで、少しゆったりとはいているのだそう。「女性らしい腰やお尻の曲線が出るのが701の魅力ではありますが、あえてサイズ上げてはくと、こなれた大人の上質なカジュアルという印象になるんです」。どうしても体のラインが出るのが苦手、お腹や腰回りに自信のない、という人もサイズを上げてみるのは手なんだとか。それでも「701」の持ち味であるハイライズによる美脚効果はしっかり実感!また、ほどよくゆとりを持たせたからこそできる膝下のドレープが、メイド&クラフテッド®︎のファブリックの上質さを感じさせて、大人の女性の余裕すら醸し出します。

KUMI'S コメント

女性らしさを強調するより、大人のこなれた上質なカジュアルを表現したいと思ったので、サイズをあげて、脚のシルエットにゆとりを出しました。それでも、ウエスト部分はきゅっと内側に入ったデザインなので、「701」らしいメリハリのあるシルエットや脚長効果はしっかり享受できるんです。足元はフラットシューズで十分にきれいにはけます。丈は、少し甲にかかるくらにたっぷり長めがおすすめ。美シルエットだからこそ、シンプルにTシャツ、色出しが美しいからこそ、合わせるアイテムは白でまとめて、色を際立たせます。


 Denim02 

着こなしの鮮度をあげてくれる

デニムトレンチコート
 

 
 

ウエスタンシャツのディテールを取り入れたトレンチコート。プレミアムなデニムを使用し、職人技で仕上げられています。膝が隠れる丈なので、パンツはもちろん、今季トレンドの長め丈のスカートにも好相性。¥30000/リーバイ・ストラウス ジャパン その他/斉藤さん私物

デニムのトレンチコートは、タイムレスなリーバイス®︎スタイルをモダンにアップデートしたメイド&クラフテッド®︎ならではの一枚です。普段はジーンズを主役にした着こなしが多い斉藤さんですが、他にはないデニムのロングコートのデザインや色の美しさに惹かれたのだそう。柔らかなファブリックでさらりと着るのにもちょうどいいので、一枚あると着こなしの鮮度をぐっとあげてくれそうです。

KUMI'S コメント

ロング丈のデニムコートって新鮮ですよね。カジュアルなコートだからこそ、きれいめのスラックスやハイゲージニット、華奢なパンプスなど、きれいめなアイテムを合わせるのがおすすめです。カジュアルなものをカジュアルなままに着てしまうのはほっこり見えてしまうこともあるので、きれいめなもの、シャープなものを合わせるようにしています。


斉藤くみさんのデニムの着こなしはいかがでしたか? 次回はメンズラインも取り入れて、ジーンズの着こなしの可能性をご紹介します。お楽しみに。

LEVI'S®︎ MADE&CRAFTED®︎のブランドページは

お問い合わせ先/リーバイ・ストラウス ジャパン
tel. 0120-099-501

撮影/イマキイレカオリ
 スタイリング・出演/斉藤くみ
 ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilmini)
構成/幸山梨奈