子連れのグアム旅にはまりこれまで12回もグアムを訪れました。グアムといえば、なんだかおしゃれじゃない(笑)というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思うのですが、実は最近おしゃれなモデルさんやタレントさん、スタイリストさんも多く訪れていて、グアム人気が高まっているのを実感しているところです。

そんな私は最近、2泊3日で13回目のグアム旅に行ってきました。そういえば、今年は3連休が多いのは気のせいでしょうか。もちろん、10連休のゴールデンウィークや夏休みにもおすすめですが、長期の休みが取れない人でもリフレッシュできる2泊3日グアム旅の魅力を紹介します!


3連休でも遊ぶ・買う・食べるがじゅうぶん楽しめるグアム!


 1日目 
ホテルに到着

今回は、さんにお世話になりました。新しいカテゴリのお部屋である「セミスイート」は寝室とリビングが分かれているので、短い期間でも暮らすように過ごせます。このように分かれているお部屋は、子供が小さいころだと、子供を寝かしつけてから、リビングで過ごせるのもとても便利です。


ホテルと直結のウォーターパーク「ターザ」で遊ぶ

「グアムプラザ リゾート&スパ」に宿泊していれば、ホテルと直結しているウォーターパークを無料で楽しめます。滞在中何度でも行けるので子供も大喜び。スライダーも数種類あるし、流れるプールもあります。

 

子供の大好きなゲームセンター&ショッピングへ

ホテルの近くから出発する公共のバス「タモンシャトル」に乗って、アウトレット「グアムプレミアアウトレット」へ。子供のおもちゃや、自分の洋服やコスメなど、掘り出し物を探すのが毎回の楽しみです。

グアムはこじんまりしていて、どこへ行くにも近く移動時間があまりかからないので、プールで遊んだ後にショッピングという濃厚な過ごし方ができるのも気に入っています。アウトレットに隣接しているゲームセンター付きレストランの「チャッキーチーズ」は息子のお気に入りの場所です。ここに行きたいからグアムに行きたいと言っているほど楽しいそうです。セキュリティがしっかりしていて、一緒に入場した大人の一緒でなければ外に出られないシステムになっているところが親としては安心です。


「ルーツ」でプライムリブディナー

 

夕食はホテル内にあるレストランで。到着したのがちょうど金曜日だったので、金曜日限定のアメリカンなプライムリブをいただきました。ジューシーで柔らかくて、大満足の食べ応えでした。


 2日目 
朝食後はビーチを散歩

ホテルでの朝食を終えたら、徒歩5分のタモンビーチへ。散歩や砂遊びをして朝からビーチを満喫。


ウォーターパーク「ターザ」で今日もひと遊び

ホテルから直結ですぐ行けるのでとってもラクチン。有料にはなりますが、もちろん滞在者以外も入場できます。写真の大きな浮き輪は流れるプールに浮かんでいて、自由に使えます。カラフルなスライダーは、ママやパパに抱っこされて、小さな子供も楽しんでいました。


ホテル内にある「スパバリ」でほんの少しだけ癒しタイム

せっかくの旅行だからスパも楽しみたくて。ホテル内にある「スパバリ」のマッサージでリフレッシュ。短時間でもとても癒されました。ちなみに、個人的にこっそりおすすめしたいのが、このスパ内にある販売コーナー。バリ発のスパなので、バリメイドのグッズやアクセサリーを売っているんです。グアムに来てバリもの?と思うかもしれませんが、バリ風のエスニックなシルバージュエリーはとてもかわいいんです。そこで買った写真のピアスとリングは、帰国してからも毎日のように愛用している大満足の戦利品でした!


「セイルズバーベキュー」でサンセットを見ながらBBQ

私がグアム旅行で毎回楽しみにしていることのひとつが、サンセットを見ること。ビーチから見られるサンセットは本当に美しく、感動します。その日の天候や雲の具合によって、毎日サンセットの様子が変わるので、滞在中は毎日のようにサンセットを眺めています。

 

そんなサンセットを眺めながら食事をいただけるのが「セイルズバーベキュー」。ホテルから徒歩5分もあれば行ける、アクセスのよい場所にあります。ビーフやチキンのお肉も美味しいですが、エビなどの海鮮ものもとってもおすすめ。お肉や魚はぜひ、グアムといえばの「フィナデニソース」で召し上がってください。このソースはグアムで万能だれとして愛用されているもので、たいていのレストランで出てくるほど人気。私もとっても大好きです。グアムでは各家庭それぞれのレシピでつくられているそうですよ。


「マイクロネシアモール」でナイトショッピング


 

これもグアムがこじんまりしていて、どこに行くのも近いからこその醍醐味なのですが、早めの夕食をいただいた後には、ショッピング! この日はグアムのショッピングセンター「マイクロネシアモール」へ。ここも公共バスで行けます。


 3日目 
「イパオビーチ」でカヤック。最後までビーチを堪能

いよいよ帰国日です。成田空港に戻る飛行機は夕方にグアムを出る便があるので、午後まで満喫できます。2日目に行った「タモンビーチ」とは違うビーチへ行ってみることに。この「イパオビーチ」は、ホテルが並ぶタモン地区にあるビーチなのにカラフルな魚がいっぱいでシュノーケリングが楽しめるんです。ここで息子とカヤックに乗りました。この海の透明度、すごくないですか? 何度見てもこのきれいさに驚きます。潮の流れが早くないので、カヤックもこぎやすいですよ。


ホテル直結の「JPスーパーストア」でショッピング&お土産探し


最後のショッピングは、ホテルに直結している「JPスーパーストア」で。ここは、グアムのセレクトショップで、おしゃれなトレンドアイテムがいち早く手に入ります。私がここで買ったのは、海外セレブにも人気の「BANDOLIER」のストラップ付きスマホケース。人気ブランドの洋服もずらりと並んでいて圧巻です。


「ジョイナスレストラン けやき」でランチ

グアムのローカル達にも人気の鉄板焼きレストランでグアム最後のランチを。お店の方がファイヤーショーばりの演出で楽しませてくれるのも魅力。8歳の息子は今回のグアム旅でいちばん気に入ったレストランがここだと言っていました。お店は、ホテルから公共バスで約5分。「タモンサンズプラザ」1Fにあります。


3連休弾丸グアムの拠点は、中心地にあるホテル「グアムプラザ リゾート&スパ」に

 

最後に今回泊まったホテルを紹介します。これまでグアムで泊まるホテルは、子連れならオーシャンフロント(海沿いに建つ、海が目の前に広がるホテル)と決めてきたので、グアムのホテルならたいてい泊まったことのある私も、お邪魔するのは初めて。今回は、3連休と弾丸だったということ、子供が小学生と少し大きくなったので、中心地にあって、アクセスがよく、コスパのよいホテルを選ぶという、新たなチャレンジをしてみました。

グアムの中心地にあり、ホテルの周りはショッピング施設やレストランなどが並び、とっても便利。ウォーターパークも直結していて無料で使えるし、タモンビーチまでも徒歩5分です。

2泊3日のグアム旅、いかがでしょうか?
時差も1時間なので、帰国した翌日からいつも通りの生活に戻れるのも負担が少なくて、いいですよ。

 

高橋香奈子 著 1400円(税別) ワニブックス

12回の子連れグアム旅行の経験を生かし、完全ママ目線・旅行者目線でつくられた1冊。子連れに向いたホテル選びのポイントから、飛行機内での過ごし方、旅行の持ち物リスト、現地での過ごし方、買い物&レストランスポット情報まで、すべて著者が実際に子連れで訪れ、ママのフィルターで納得したものだけ厳選して掲載。こんなに子連れ目線で、かゆいところに手が届くガイドブックはこれまでになかったと大好評で、即、重版出来。ファッションエディターならではのおしゃれでわかりやすい誌面も話題に。
撮影・構成/高橋香奈子

 

・「沖縄よりハワイより、「グアム」が子供にも大人にもおすすめな5つの理由」はこちら>>
・「グアム旅行で泊まる、子連れファミリーにおすすめのホテル5選」はこちら>>
・“旅慣れた感じ”に見えて“イタくない”、大人のビーチリゾートコーデ考はこちら>>