MB ファッションバイヤー、ブロガー、作家、アドバイザー。ブログや書籍、メルマガ、セミナー等で伝えている「最速でおしゃれに見せる方法」によって、「人生が変わった」という男性が続出。おしゃれを論理的に教えるサイト、のほか、氏が主催するオンラインサロンは、日本最大のメンズファッションコミュニティとして各方面から注目を浴びている。また、日本最大のメルマガ配信スタンド、「まぐまぐ」で毎週5万字にも及ぶメルマガを配信し、現在メルマガランキングで人気第2位を獲得。書籍、漫画など、関連書籍は累計100万部を突破。


男性のおしゃれのルールを分析したオリジナルのメソッドが受け、いまブログやメルマガ、書籍などで話題沸騰中のファッションバイヤー、MBさん。『どこでも買える服で、誰でもすぐにおしゃれになれる』という理論的かつ具体的なアドバイスで、これまで洋服に関心のなかった多くの男性のファッション偏差値を上げ、さらには人生そのものまでもハッピーに導いています。

そんなMBさんに、おしゃれをすることの意義やその先にある幸せ、自信のつけ方など、ご自身が考えるファッション哲学について語っていただきました。肩の力がすっと抜けて、おしゃれをもっと気軽に楽しもうという気分になるようなトークは必読です!


ルールはおしゃれを楽しむためのツールにすぎない


前回のインタビューでは、『ドレスとカジュアルのバランスを7:3にととのえる』、『おしゃれが決まらない時にはボトムスを見直す』、『着こなしに抜け感を出すために、首や手首、足首の“3首”を出す』といった具体的なアドバイスをしていただきました。男性だけでなく女性にも応用できるルールはとても分かりやすく、すぐに参考にできるようなものばかりでした。

MB:ありがとうございます。そんな発言をくつがえすようで申し訳ないのですが……。あまり理論にとらわれないでほしい、ということも言っておかなければ(笑)。確かに僕は『これを使えば誰でも最短でおしゃれになれる』という提案をしているし、僕自身その通りだと思っているのですが、だからといってそのルールに過剰にこだわる必要はないんです。僕の読者さんや会員さんにも、『テンプレ通りにおしゃれをするのではなく、ルールを応用して自分の正解を導き出してほしい』と常々言っています。


―MBさんのルールはどれも絶対的な正解だというわけではなく、おしゃれの迷いを解くきっかけの一つだということですね。

MB:その通りです。たとえば、ボトムスは黒いパンツが正解だからといって、いつも黒いパンツを履いているのでは、おしゃれだとはいえないでしょう。あくまでも僕の提案しているルールは、おしゃれを楽しむための“ツール”にすぎないんです。正解が見つからないと言っている人は、ツールを“正解”として捉えてしまっている。だから、これが正しい答えのはずなのに、といって迷子になってしまうんですよ。そうではなくて、おしゃれをする目的を考えれば、おのずと正解が導き出されてくるものだと思うんですよね。
 

自分のためではなく会う人のために服を着よう


―おしゃれをする目的を考える? 

MB:ええ、そうです。僕の考えでいえば、相手に喜んでもらうのが目的。つまり、相手のために服を着ましょうということです。なぜなら、洋服を着た姿を自分の目で見ることはできませんよね。鏡に映した姿は反転しているし、写真に撮っても二次的な画像にしかならない。では、その服の良し悪しを決めるのは誰なのか?というと、今日会う人が決めてくれるわけじゃないですか。それなら、会う人に喜んでもらえるような服装をしたいと思いませんか。だから、自分のために服を着ないようにする、というのも一つの方法なんです。


―自分のために服を着ない!?それは新しい考え方かもしれません(笑)。いろんなファッションにトライしては失敗し、試行錯誤を重ねながら、自分らしいスタイルを探している女性が多いですから。

MB:だから、自分らしいスタイルはなくてもいいと思うんですよ。


―ええっ!?(笑)

 
  • 1
  • 2