title
9

50代からのおしゃれ学。大判ストールをコーディネイトの味方に。

いよいよ春本番! 思い切り春らしいコーディネイトを楽しめるシーズンが始まりました。とはいえ、まだまだ朝晩は肌寒い。そこで、大活躍してくれるのが大判のストールです。もちろん、防寒だけでなく、重ね着をしなくなる季節には奥行きも出してくれますし、コーディネイトのアクセントにもなるので1枚もっていると便利です。前回紹介したスカーフとは違い、大きい面積で使用することが多いので、汎用性が高いのはベーシクカラーでシックな印象の一枚でしょう。また、オールシーズン使えるのは、透けるくらいの軽やかさなシルクとコットン素材のもの。カジュアルからフォーマルな装いまで受け止めてくれますよ。

50代からのおしゃれ学。大判ストールをコーディネイトの味方に。スライダー1_1
50代からのおしゃれ学。大判ストールをコーディネイトの味方に。スライダー1_2
50代からのおしゃれ学。大判ストールをコーディネイトの味方に。スライダー1_3

首に巻き付けなくても、写真のようにたらすだけでも、のっぺりしがちなコーディネイトにリズムをつけてくれます。また、薄手のものなら、ヘアターバンとして使うことも可能です。何色系を買うか迷った時は、肌色の延長線のカラーとも言えるベージュを基調とした1枚は合わせる色を選ばないのでおすすめです。

<ピンクのルック>

スカーフ#BLOCK SHOP
ロングカーディガン #ル・ピボット
ネックレス#pili
スニーカー#ナイキ

<ネイビーのルック>

岡本 敬子

アタッシェ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。:@kamisan_sun

 

『好きな服を自由に着る』

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。


岡本さんのインタビューはコチラ>>