スタイリスト、ミモレコンセプトディレクターの大草直子が着こなしのアイデアや日々の思いを綴ります。

オルセン姉妹が手掛ける、アメリカの超ラグジュアリーブランド、。エフォートレスでシンプル。流れるようなシルエットながら、構築的で計算されたフォルムや、想像がつかないくらいリッチな素材がそうさせるのですが、た、高い!

例えばドラマティックなシルクのブラウス。最終セールになっていたけれど、それでも無理。素敵なのも、この投資が無駄にならないのもわかっているけれど、ムリ(笑)。

と、この冬のセールが終わった頃も、同じく涙をのみましたが、そんなときに素晴らしいニュースが! 2月に、私のステディブランドでもあるプラステから、ダニエル・シャーマンラインがデビューしました!!

ダニエル・シャーマンは、私もたまにをチェックしていますが、アメリカントラッドを感じさせるボーイッシュでクリーンなスタイリングが素敵な人。オルセン姉妹の幼馴染で、THE ROWの立ち上げにも関わっていた、と聞いて、もうチェックするしかない! はい。もちろん、買いました。だって、値段はプラステ価格。

まずはオンラインでは売り切れになっていますが、。この手書き風のストライプが超ツボ。タイも長すぎず、しかも細くて華奢なため、結びやすく、結んでも大げさにならないのが◎。プリーツスカートも買おうかな。トレンチコートのインに良いかなあ、と♡

そして合わせている。ハリのある素材、きれいなブルーが、超今年っぽい。こんなにきれいなシルエトで、かつ今の気分満載で、¥9990(税抜)で良いのでしょうか。ウエストは細く、脚はまっすぐ長く見えるのがさすがです。あ、私はS着用です。サイズレンジが広いのも良いですよね。

と、興奮気味に語りましたが、展示会でPRの根本さん、保泉さんが着ていた、同じを使用したコーディネートが素敵だったので、最後にご紹介させて頂きますね。

まず根本さん(身長170cm)。少し太目のボトルパンツと合わせ、短めのカーディガンとコーディネート。アイテムのレングスをあえて揃えないことで、着こなしにリズムが生まれ、とてもモダンなイメージになります。トラッドなイメージも、根本さんにぴったりです! 朝晩の寒暖差がある今の時期、重宝しそうですよね♡

そして、保泉さん(身長150cm)。細身のブラックパンツと合わせ、サンダルで抜け感を作っています。サイドのスリットが、スポーティ~~! ボタンを開ける、全て留める――あしらいによってイメージの変わる小さな立ち襟のシャツを、根本さんとは違うアプローチでスタイリング。ほんのりセクシーで、これまた素敵。

あ、こんなふうに書いていたら欲しくなってしまいました。レザーのレギンスにスニーカーとでも良いし、長めのプリーツスカートとロング&ロングを楽しんでもよさそうですよね。

また3月後半に出るワンピースやニットも、「絶対買い」。シンプルが好き、THE ROWに憧れている方、是非チェックしてみてくださいね♡

大草 直子

3月後半発売予定のニット。インナーはノースリーブ。ネック少し高めで可愛い! カーディガンのボタンはくるみタイプ。こういう丁寧なディテールが好き♡
これも、3月後半発売予定のワンピース。細かいストライプが、リゾートすぎず良い塩梅。好きすぎて、4月発売の雑誌の撮影でお借りしました。
ボタンの開け方で、大きくイメージが変えられるシャツ。カフスを深くとっているのもリッチです。
ちょっとボーイッシュなのが今の気分です。
小柄さんが着るとこの長さに。
袖のまくり方もさり気なくておしゃれー!