昨年に続き、2度目の開催となったミモレ×デミリーのスペシャルイベント。前回も大好評だった大草直子コンセプトディレクターとデザイナーのデミ-・リーさんによるトークショー、そしてショッピングアドバイスが開催されました。その模様をお届けします!

一年ぶりの再会となった大草ディレクターとデミーさん。まずは大草ディレクターとデミリーの出会いのお話しから。出会いは約5年前。セレクトショップで見かけたカシミアニットが最初に買ったデミリーのアイテムだったそう。「こんな美しいニットを作っているのはどんな方なんだろうと思っていました。初めてデミーさんに会ったとき、ご自身が作るニットそのもののような方だなと。少しリラクシングで女性らしい、色出しが美しいニット。でも、決して押しつけがましくない」と出会いを振り返りました。

 

続いて、事前に寄せられたファッションに関する質問にふたりが回答。最初の質問は、「毎日のコーディネートをどのように組んでいるか」というもの。大草ディレクターは「基本は靴から決めています。持っている数が少ない物から決めていくとスムーズ」、デミーさんは「いちばんに考えるのは着心地のよさ」と回答。

また旅のワードローブについて聞かれると「年末年始に娘とパリに行っていました。冬のパリで気分があがるもの、楽しくなるもの、という視点で考えて、柄物を持っていきました」とデミーさん。大草ディレクターは「持って行けるものはできるだけ持っていくようにしています。今回はデミリーのポンチョのようなネイビーのワンピースを持っていたんですが、リラクシングですが、サンダルをきれいめにすればディナーにも行けて、重宝しました」とのこと。

また、フリルやリボンが好きだが、可愛くなりすぎるのが悩みという質問には「キャラクターを分裂させると可愛くなりすぎず、うまくまとまります。たとえばフリルのついたニットにダメージデニム、というように」と大草ディレクター自身も実践している着こなしを教えてくれました。

 

トークも盛り上がってきたところで、それぞれが着ているアイテムの紹介に。当日は、ミモレ編集部員も大草ディレクターのコーディネートでデミリーのアイテムを着用。それぞれのアイテムを選んだ理由を教えてもらいました。

大森編集長にはマリンなニットをチョイス。「5分丈のベルスリーブになったニット。腕もすっきり見えるし、ボートネックで顔まわりもシャープに。フェミニンなニットは、実はマニッシュな人に似合うんですよ」DAL ニット ¥32000/デミリー
優しい色のセットアップが新鮮なバタやん。「肌なじみのいいテラコッタのニットとスカート。ビスコースナイロンとコットンの混紡なので、ドライタッチで真夏でもさらっと着られます。小柄な方ならマキシ丈、背の高い方ならミモレ丈に。すそや袖にすかし模様がさりげなく入っています」CARTER ニット ¥22000、LUCIA スカート ¥36000/デミリー
編集部の川良には私服かと思うほどぴったりのニット&スカート。「ニットプリーツスカート。細いプリーツなので、幼くならず、大人の女性が着やすい一枚。合わせたニットは、まるでスカートとセットアップのようなニット。前回、購入したニットの色違いです」JUNO ニット ¥24000、DANA スカート ¥34000/デミリー
当日MCを務めた佐々木さんが着ていたのは、オープン2周年記念のカットソーセットアップ。「ソフトで女性らしいダリア色。トップスは後ろにプリーツが入った立体感のある一枚です。パンツはタック入りで、リラックスしていながらきちんと感があるので、合わせるアイテム次第できれいめにも着られます」KAIA トップス ¥13000、CHANTEL パンツ ¥19000/デミリー二子玉川店2周年記念アイテム

トークショーが終わり、ショッピングアドバイスタイムへ突入。大草ディレクターとデミーさんが来場者の方たちに似合うものを選んでいきます。実際に手で触れ、試着しているとその肌ざわりの良さに来場者の方から感動の声が続出。大草ディレクターも着ていたカットソーは当日完売してしまうほどの人気でした。

デミーさんはカシュクールタイプのニットワンピース、大草ディレクターはカットソーのセットアップで登壇。​ <大草ディレクター>JESSE Tシャツ ¥12000、CHANTEL パンツ ¥19000/デミリー オデット別注ネックレス ¥105000/オデット×デミリー <デミーさん>WILLIS カシュクールワンピース ¥39000/デミリー

参加いただいた方には、ブーケ、トートバッグ、ドーナツなど豪華なお土産も!


掲載のアイテムは全てデミリー二子玉川店でお取り扱いがございます。

デミリー二子玉川店
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川髙島屋S・C南館3F
tel. 03-6805-6735


お問い合わせ先/サザビーリーグ
tel. 03-5412-1937

撮影/片岡祥 構成/幸山梨奈