title
116

山で、水辺で……アクティブにプライベートを過ごす時の装い

昭和34年に皇室に入られてから60年間、人々を励まし、癒し、勇気づけてきた美智子さま。ミモレでは5月のご退位の前日まで、今も色あせることのない、日本女性の美、品格、優雅さ、可憐さ、思いやりの心を体現している装いを毎日振り返ります。

昭和39年8月、皇太子さまと長野・八方尾根で登山を楽しまれる美智子さま。黒のブラウスは袖をまくし上げてお召しに。グレーのパンツを合わせられて、アクティブなスタイルです。
広いつばの端に白のフリンジがあしらわれたカジュアルな帽子をご持参に。ブルーのリボンがポイントです。手にはご愛用の腕時計を。
ご夫婦でコーディネートされた装いからも、仲むつまじさが伝わってきます。
昭和42年7月、浩宮さまも一緒にご家族で乗鞍岳へ。イエローのシャツにグレーのパンツで。襟付きのシャツにパンツ、というのが美智子さまの登山スタイルです。自ら袖のボタンを外し、まくし上げている仕草を見て取れます。皇太子さまのスタイルも白シャツに、グレーのパンツ、そして麦わら帽子で爽やかに。
カジュアルなかごのバッグ、そして珍しく髪は三つ編みでまとめられています。
昭和43年8月、須崎御用邸近くの静岡・浜名湖で海水浴を楽しまれるご家族を、まだ幼い礼宮さまととも船上から見守る美智子さま。白いブラウスとベージュのボトムスで、楽しそうな笑顔です。
昭和45年10月、日光・刈込湖を訪れた美智子さま。オフホワイトのロング丈のトップスをウエストマークしてお召しに。


写真はすべて、講談社所蔵写真3万枚超から厳選した貴重なカットです。
この企画は弊社写真部のカメラマンが主に1960~1970年代に美智子さまを撮影したお写真で構成されています。キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。古い写真が多く、退色・汚損したものは色鮮やかにデジタル化してよみがえらせています。

 

日めくり31日カレンダー
『永遠に伝えたい美智子さまのお心』

価格 1400円(税抜)
3月7日発売


ミモレでも好評を頂いている連載、「毎日、美智子さま」。
さらにミモレ編集部から、美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、
日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめたカレンダーが発売中。
毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。
お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。
ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。

詳細はこちらへ
購入はこちらへ
 

 

『美智子さまから雅子さまへ 三部作1 美智子さまの想いが雅子さまへ 雅子妃誕生』

価格 1500円(税抜)

今回の代替わりに際して、渡邉みどり氏は、美智子さまと雅子さまの交流、それぞれの苦悩、家族愛などを書き綴った『美智子さまから雅子さまへ』3部作をまとめた。POD(ペーパーバック版)と電子書籍での発売。4月22日~5月21日まで、この三部作のペーパーバック版を三省堂書店神保町本店にて店頭販売します。
 

 

講談社出版記念写真展
『美智子さま あの日 あのとき』


場所:諏訪市原田泰治美術館 第1展示室
期間:4月18日(木)~5月19日(日)

平成の終わりと新元号への切り替わりに合わせ、緊急開催します。2018年12月に講談社から刊行された『美智子さま あの日 あのとき』写真集より厳選された写真パネルを展示します。

写真/講談社写真部
構成/片岡千晶(編集部)