「水炊き」は家でつくる定番鍋料理のひとつ。簡単に作れて、温まるし、いいことだらけ! しかし毎回同じ味つけだと飽きてしまいますよね。そこで(著者:中島 武)から「水炊き」のアレンジレシピを紹介します。
水炊きは水、昆布、酒で煮汁を作りますが、酒を白ワインに変え、トマトジュースを加えると、大人向きの「トマト鍋」に大変身! 締めはリゾットがおすすめです。

大人向きの「鶏肉のトマト鍋」

 

「トマト鍋」は市販のスープもありますが、自分で作ると自由な味つけができるのがいいところ。煮込むうちに、トマトの爽やかな酸味が穏やかになり、甘味を増していくという味の変化も楽しめます。

 材料(2人分)

・鶏もも肉……1枚
・じゃが芋(ゆでたもの)……2個
・トマト……2個
・玉ねぎ……1個
・ほうれんそう……少々
・きくらげ(もどしたもの)……適量

煮汁
|水……カップ3
|昆布……10cm角1枚

A
|トマトジュース(無塩)……カップ2
|トマト水煮缶……1缶(400g)
|白ワイン……大さじ2
|砂糖……大さじ1
|塩……小さじ2
|オリーブ油……大さじ2

 作り方 

[下ごしらえ]
1.鍋に煮汁の水と昆布を入れて30分以上おく。

2.鶏肉は一口大に切る。じゃが芋は皮をつけたまま5mm幅の輪切りにする。トマトは皮を湯むきしてへたを除き、1cm幅の輪切りにする。玉ねぎも1cm幅の輪切りにする。ほうれんそうは根元を切り落として5cm長さに切る。

 

輪切りのトマトと玉ねぎ、ほうれんそうからピザを連想して、 こんなふうに盛りつけてみたら、思った以上に好評でした。遊び心の盛りつけが歓迎されるのも西洋鍋のいいところです。

[卓上コンロで]
3.①の鍋にAを加えて火にかける。煮立ったら鶏肉を加え、アクをとる。残りの具材を少しずつ入れ、煮ながらいただく。

締めは「トマトリゾット」

 

「鶏肉のトマト鍋」の残った汁にご飯を入れ、リゾットにします。具のじゃが芋を少し残しておくと一段とおいしくなります。パルメザンチーズをかけ、彩りにほうれんそうを散らします。


中島 武(なかじま たけし)
際コーポレーション株式会社 代表取締役 1948年1月27日、福岡県生まれ。1970年、拓殖大学卒業。 1990年、際コーポレーション株式会社設立。中国料理店で独創的かつ力強いスタイルの店造りを確立し、その後、イタリアン、アメリカン、和食など幅広いジャンルで展開。鍋料理の専門店としては「」(渋谷・京都)、「」(西麻布)などがある。 著書には『紅虎流自慢料理67 男子厨房で遊ぶべし』『ハングリー 日本を明るくするバカ力』(以上、講談社)、『』(日本経済新聞出版社)、『』「簡単につくれる おいしい麺と餃子」(以上、柴田書店)がある。


【住所】〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-18 道玄坂スクエアビル2F
【アクセス】渋谷駅より徒歩5分
【電話】03-6415-1596
【営業時間】
月~金 11:30~14:30、18:00~23:00
土・祝 17:00~23:00
定休日 日曜日

 

著者  中島 武 講談社 1300円(税別)

鍋料理がもっとおいしく、楽しくなる! 簡単でおいしい! あっと驚く具材の組み合わせ! 見た目のサプライズ! すぐまねできるアイデア満載!
【Part1】日替わりつけだれ30種
【Part2】定番鍋と変わり鍋
いつもの「豚しゃぶ」が「ウーロン茶しゃぶしゃぶ」に、「梅しゃぶしゃぶ」に……
【Part3】組み合わせ上手なアイデア鍋
「あっさり鍋」「ボリューム鍋」「元気鍋」……
【Part4】世界を旅する気分で作る異国鍋
「王さんの大きな肉だんご鍋」「ボブさんのウエスタン鍋」「ハイジのミルク鍋」……

『毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

写真/青砥茂樹(講談社)
構成/生活文化編集チーム

 

出典元:

・第1回「【簡単つけダレ】しゃぶしゃぶを飽きずに食べるコツ」はこちら>>

・第3回「【簡単変わり鍋レシピ】3種の芋で「芋山くずし鍋」」は2月13日公開予定です。
・第4回「夕飯は1品でOKの「野菜たっぷり大きな肉団子鍋」」は2月24日公開予定です。