title
6

プロに聞くグレイヘアの染め方と移行期のケア一問一答

2018年の流行語大賞にノミネートされたこともあり、認知度が一気に高まった「グレイヘア」。「どう染める?」「どう隠す?」から「染めない方法」「白髪を生かしたスタイル」へと移行する女性が増えており、テレビや雑誌でもグレイヘアの特集が数多く組まれるようになりました。
今回、今ドキのグレイヘアをクリエイティブするヘアサロンのカラーリスト・岩上晴美さんにインタビュー。グレイヘアの仕上がりを左右する色の選定や染めのテクニックは、顧客からの満足度も高く、予約が取れないほど。一人ひとりに合わせた髪色を提案する“グレイヘア”をご紹介。彼女の手にかかれば、グレイヘアの概念も変わるかも!?


髪を染めるだけの専門職があるって知ってた?
日本初のカラーリスト

 

美容専門学校を卒業し、1993年にkakimoto armsに入社してから今年で27年目になります。私の仕事は美容師といってもハサミを持たない美容師。「カラーリスト」という髪を染める専門職になります。kakimoto armsの創立者である柿本榮三が海外のヘアサロンを視察した時に、カラーリストの存在を知ったそうです。「日本でもカラーリストの需要が絶対に来る」と見込み、kakimoto armsでカラーリストの育成を始めることに。その一期生になります。
3人でスタートしたカラーリストも現在では全店舗合わせて100人近くまで成長し、無くてはならない存在に。今はカラーリストという職業に誇りを持っています。

 

グレイヘアの出来・不出来を左右する
カラーリングのニーズの変化


カラーリストという仕事は奥が深く、手の抜けない仕事です。“見た目印象”を左右するわけですから責任は重大。カラーリストを名乗った当初は、カットを担当している先輩スタイリストの“作品”を汚さないように、迷惑かけないようにと必死でした。

カラーリングといえば「色の選定」です。お客様一人ひとりの髪色や髪質、太さが異なるため、まさにオーダーメイド。しかも、的確に判断をしなければなりません。kakimoto armsでは、高い技術力はもちろん、丁寧さ、見た目の美しさにもこだわっているのが特長です。

グレイヘアにおいては、10年ほど前から相談を受けることが多くなりました。当初は「白髪を隠すため」にカラーリングを行っている方が圧倒的に多かったのですが、最近では“隠す”のではなく、「白髪を目立たせないようにしたい」「白髪を生かしたスタイルにしてほしい」というリクエストが多いですね。

青山店に通われているグレイヘアのお客様。白髪を生かしつつ、髪全体の色を明るく仕上げています。

白髪をマイナスと捉えず、素敵に見せる方法として、「色」にこだわっています。白髪を隠す=黒色に染める と思う方が多いのですが、私たちが提案しているのは、明るいブラウンやマロン色。顔色も冴えて若々しく見えるんですよ。
また、グレイヘア初心者の方には部分的にハイライトも入れる方法も提案しています。髪の毛を少しずつ取って、すじ状にカラーリングを行う「ウィービング」は、残した白髪も艶っぽく見えますし、髪に動きがつくので白髪が目立たなくなるというメリットもあります。

 

「生え際のグレイヘアが気になる」場合はどうしたらいい?
美容師が教えるグレイヘアのお手入れ法

 

「グレイヘア移行期に気をつけることは?」「自宅でできるお手入れ法は?」など、来店されるお客様からグレイヘアの相談を受けることが多くなりました。数本の白髪でもケアするとしないとでは気持ちの持ちようが異なります。白髪が悪目立ちしない方法や自宅でもできるグレイヘアのお手入れ法をいくつか紹介しましょう。


Q: 髪の生え際の白髪が気になります
A: おでこやこめかみあたりの生え際の白髪はどうしても目立ちますよね。染めるまでには至らないけど、髪を結んだ時など悪目立ちしてしまう、と悩まれる方も多いと思います。その場合、前髪を作ることをおすすめしています。髪を下ろすと生え際が見えなくなる、いわば目の錯覚なのですが、「白髪が気にならなくなった」とおっしゃる方が多いんですよ。たったこれだけ? とお思いでしょうが、効果はバツグン。前髪の量や分け目などは担当のスタイリストさんと相談してください。


Q: 髪の分け目の白髪を目立たなくさせる方法は?
A: 白髪のみならず、根元の立ち上がりやハリ感が減少すると、お手入れしているのに「老けた印象」になりがちですよね。この解決策は、髪にハリ感を持たせること。毛がふんわりと立ち上がっていると、生え際の白髪が目立たなくなります。そこで提案するのが、お手入れの基本中の基本である「ブラッシング」。頭皮に適度な刺激も与え、血行促進も。シャンプー前に行えば、頭皮や髪の汚れを取ってくれます。

(左から)毛穴の汚れを落とすのはもちろん、頭皮のマッサージ効果も。 スカルプブラシ プリュスロング ¥5600(税別)/エス・ハート・エス  広い面で頭皮をキャッチしてマッサージを。血行の流れもスムーズに。  ¥2500(税別)/エス・ハート・エス お問い合わせ先/ tel. 0120-108-220


Q: カラーリングを長持ちさせたいけど……
A: 月に何度も髪の毛を染めるとダメージが……と気になる方も多いでしょう。今はカラーを行った髪専用のシャンプー、トリートメントもあるんですよ。店舗でも紹介しているケラスターゼの「リフレクションズ クロマティック」はヘアカラーに応えたシリーズ。色の褪色を防ぐのはもちろん、髪の保湿ケアにもアプローチします。カラーリングの髪ケアを始めエイジングで悩む方にはぜひ、お試しいただきたいアイテムです。

(左から) ヘアカラーにツヤと潤いを与え、軽やかな仕上がりに。 ¥3000(税別・サロン専売品)/ケラスターゼ シャンプー後にまとまりのある髪に導く集中ケアトリートメント。 ¥5000(税別・サロン専売品)/ケラスターゼ お問い合わせ先/ tel. 03-6911-8333 

 

現代のグレイヘアの選択肢はさまざまで、前よりも確実に選択肢は増えています。「こうあるべき」「正解はコレ」ではなく、どのスタイルもアリだと思うんです。白髪に悩まれて来店されるお客様を笑顔で帰したい。私たちは皆さんのなりたい髪、スタイルをかなえ、満足していただけるよう、今後も提案していきたいと思っています。

岩上晴美さんkakimoto armsカラーリスト
日本のカラーリスト第一人者として常に先頭で日本人に似合うカラーを追求し続けてきた、kakimoto armsを代表するカラーリスト。2009年にはロンドンに渡り、2年間ロンドンの有名サロン「Daniel Galvin」で更なるレベルアップをはかる。11年に帰国後、青山店にてサロンワーク。全店をまとめるカラーリストマネージャーとして、カラーセミナー、ヘアショー、撮影、薬剤開発など国内外を問わず精力的に参加している。
撮影/YOLLIKO SAITO
取材・文/長谷川真弓
構成/片岡千晶(編集部)

 

第1回「ブームの仕掛け人に聞く、「グレイヘア」という言葉が生まれた意外な事情」はこちら>>
第2回「28歳から白髪に……加藤タキさん「試行錯誤を経てたどりついたグレイヘアの答え」」はこちら>>
第3回「45歳から白髪に。大切なのは、清潔感と品格」グレイヘアの先駆者・飯野晴子さん」はこちら>>
第4回「自然なグレイヘアのお手本はパリマダム「50代以降が断ゼンカッコいい」」はこちら>>
第5回「グレイヘア完成まで3年の体験談「白髪への移行期を乗り越えるコツ」」はこちら>>