パリコレスナップの常連、フランス版ヴォーグの編集長、エマニュエル・アルト(Emmanuelle Alt)をご存知ですか?パリ生まれの彼女は、まさに現代のパリジェンヌ像を体現する1人。ジャケットとパンツをメインにした着こなしは、モード感がありつつも自然体で、色数は多くないのにおしゃれに見える・・と、参考になるポイントが満載です。そんな彼女のスタイリングを「ピンタレスト」からチェックしていきましょう!

1.王道ジャケットスタイルは、足首見せで抜け感を。

インナーは、Tシャツやカットソーでラフに仕上げるのがポイント。

ツィードジャケットには、デニム合わせでカジュアルダウン。


★こちらがおすすめ!

  • ¥38000/エッセン.ロートレアモン(ELLE SHOP)
  • ¥37000/ティッカ(ELLE SHOP)
  • ¥19000/ローズバッド(ELLE SHOP)



2.ローヒールもOK!スキニーパンツ×レディ靴で作るオフィススタイル

これぞパリジェンヌ!なボーダーの着こなしが素敵です。

ジャケットを主役にするなら、ローヒールがグッドバランス。

バイカラーシューズをプラスするだけで一気にこなれ度アップ。


★こちらがおすすめ!

  • ¥17000/カルネ(ELLE SHOP)
  • ¥57000/ペリーコ(ELLE SHOP)
  • ¥16000/ダニエラ&ジェマ(ELLE SHOP)

 

3.ジャケットもアウターも!ベルトマークでスタイリッシュに


襟をたててベルトマークするだけで、こんなにもカッコよく!

シンプルなジャケットスタイルにも、ベルトが効いています。

ボリューミーなアウターも、新鮮な表情に。


★こちらがおすすめ!

  • ¥56000/ミハラ ヤスヒロ(ELLE SHOP)
  • ¥156000/マディソンブルー(ELLE SHOP)
  • ¥29000/ルシェルブルー(ELLE SHOP)



いかがでしたでしょうか?お仕事スタイルならではのきちんと感もありつつ、どこか決めすぎないところがエマニュエルスタイル。ジャケットのサイズやパンツの丈感など、細部へのこだわりも感じられます。華美に着飾らなくてもエレガントに見えるのは、自身のスタイルを極めた人が持てる、ある種の色気なのかもしれません。2019年も彼女のスタイリングにますます注目です!