今回、大人気「オリエンタル占星術」の占い師・水晶玉子さんに占っていただいたのは2019年のエンタメやファッションのトレンド。水晶さんのオリエンタル占星術とは、はるか平安時代に空海がお経の形で日本に持ち帰った「宿曜経」をベースにした、いわば東洋のホロスコープ占い。「月」の動きに注目し、27の「宿」からその人の性格や吉凶を占うと共に、年運も占うことができるのです。

水晶 玉子 占術研究家。東洋・西洋の枠を超えて数々の占術を研究。1998年、女性誌「FRaU」占い特集号にて、宿曜占星術にインド占星術を加味したオリジナルの「オリエンタル占星術」を発表して大反響! 以後、「オリエンタル占星術カレンダー」は女性誌で不動の人気コンテンツに。雑誌「MEN’S NON-NO」などで占いの連載、携帯占いサイト「水晶玉子のオリエンタル占星術」「水晶玉子のマンダリン占星術」なども大好評。『』(講談社)では27宿のそれぞれの性格と相性について読み応えたっぷりに書き下ろし。



日本文化に世界目線がミックスされて新しい価値観に


昴宿(ぼうしゅく)の2019年は社会情勢が一気に変わり、自分を守る武器としても学びが大事になってくる、ということでしたが、トレンドについてはいかがでしょう?

「2018年、日本で深夜枠のドラマ『おっさんずラブ』がブームになったけれど、既存の価値観だと脚光を浴びそうに思えなかった、一見地味だったりニッチなことに光が当たるというのは引き続きありそうですね。秋田県の“なまはげ”がユネスコ無形文化遺産に登録されたのはいい例です。当たり前だと思っている日本のことも、世界目線で見てみると金脈が見つかるかもしれない。

海外の方で、渋谷のスクランブル交差点を面白がったり、コンビニの整然とした陳列をビューティフル!と評したり、日本の里山風景に感激して移住したりする方も今や珍しくないですし。オリンピックの準備期間でもある2019年は、世界の視線がミックスされて、日本の新しいカルチャーやアイテム、価値観が構築されていくような気がします」
 

ファッションは質の高さ×スポーツミックス


「ファッションについては、オリエンタル占星術・昴宿から見ても、西洋占星術の木星・射手座から見ても格の高いアイテムや伝統的なブランドに勢いがありそうですね。海外目線で見て、質の高いメイドインジャパンのアイテムにも注目が集まりそうです。

普段もファストファッション一辺倒より、よいものを1点投入していくスタイリングがおすすめです。射手座は格が高い探究心旺盛な頭脳を持つと同時に、下半身はケンタウロス(馬)だからスポーツテイストをミックスしてみるのもいいでしょう。土星の入った山羊座も落ち着いた雰囲気を好みますから、アクセサリーを買うなら、大人に相応しい“いいもの”を1点選ぶとか。今後何年にも渡って大事に使いたくなるものが“買い”ですね」


昴宿のタレントさんに注目を!


タレントさんで注目されそうな方はどうでしょう?

「木星射手座という星まわりの2019年は海外に注目が集まる年。すると海外モデルや海外ドラマは人気が出そうですね。同時に土星山羊座を考えると、地味にやってきた人が脚光を浴びたり、亡くなった人や昔のタイトルが再評価されるシーンは多くなるでしょう。『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリーもそうですね。そして西城秀樹も! 実は私は今、西城さんに夢中でフィルムコンサートの上映会を密かに熱望しています(笑)。「クイーン」という名前も高貴さの象徴の射手座のイメージ。ジャニーズの「キング&プリンス」にも期待ですね。

もちろん、昴宿の方々、そのひとつ前の宿の畢宿(ひつしゅく)の方々も運気が高いので、間違いなくスポットライトが当たると思います」

 
  • 1
  • 2