何度も続編製作の噂が報じられながらも、結局サマンサ役のキム・キャトラルがもう続編には出演しないことを表明し、PART3への見通しが絶望的になったSATCこと『セックス・アンド・ザ・シティ』。余談ですが、ファッション系の編集者は本当にSATC好きが多いのです。いまだに編集部で「キャリーが●●を●●するあの場面がさ〜〜」などとSATCの詳細な場面について語る編集者の姿を見かけることがあり、どんだけDVDを見返したらそんなに詳しく覚えていられるんだ、と思うことがあるくらい(笑)。

写真:Splash/アフロ

さて、続編中止の理由は、ヒロインのキャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカーとキムの不仲、と思われていたのですが、ここに来て、実は脚本の内容をキムが気に入らなかったから、という事実(?)がニュースに。

その内容とは、1.キャリーの夫となったミスター・ビッグがシャワーを浴びていて心臓発作を起こし死んでしまう。2.ミランダのティーンネイジャーに成長した息子ブレディがマスターベーションしているところをミランダに見られてしまい、さらに自分のモノの画像をサマンサに携帯で送ったことがバレてしまう、というトンデモなストーリー。

写真:Everett Collection/アフロ

今までもかなりハードな下ネタ満載のSATCではあったけれど、これはどうなのか(笑)。もしかしたら実際映画になってみたら笑えるのかもしれないけど、笑えないのはビッグの死! どうやら、ビッグが死んでしまうことでその悲しみからキャリーが立ち直るまでが映画のテーマとなっていて、今までの4人の面白おかしい友情はあまり描かれていない脚本になっていたのが、キムが気に入らなかったいちばんの理由とも言われています。

写真:Splash/アフロ

う〜〜〜〜ん、たしかに、この内容だと、観たいような、観るのが怖いような…。私だけなのかもしれませんが、そもそもSATCやゴシップ・ガールみたいな作品は、キラキラした世界や一見おバカでな〜んも考えてないかのような彼女たちの恋愛模様を楽しみたくて観るのであって、その登場人物が私たちと同じような現実で苦しんでる姿は別に求めてないというのが本音。しかも大好きなビッグが死んじゃうシーンなんて、絶対に観たくない〜〜〜〜〜!!!! だけど出演者たちの年齢的に、現実的に考えて能天気な恋愛模様はそろそろ厳しいから路線変更、ってことなのでしょうかね。

そんなわけで、E!Newsが報じたこのニュースがホントかどうかはわからないけれど、もっと別バージョンのハッピーなSATC3なら観たかったな〜〜〜。