ちょっと前にニュースになっていたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。先日妻のレイチェル・ワイズが出産しパパとなったダニエルが、通称パプースと呼ばれる抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこして外出している姿をパパラッチされ、イギリスの毒舌司会者ピアーズ・モーガンにツイッターで「おお、007、お前もか…!?」というコメントとともにその写真を投稿されてしまったのです。さらにはハッシュタグで「パプース」「去勢された骨抜きボンド」とも付けて。

炎上商法を楽しむブラック・ユーモアの持ち主で知られるピアーズだけど、今回のイクメン攻撃には世のイクメンたちも反論してSNSは大炎上となる事態に。

Oh 007.. not you as well?!!!

— Piers Morgan (@piersmorgan)

ピアーズが我らがダニエル様(笑)をディスったのがこちらの投稿。でも正直、内容はひどいと思いつつ、ダンディ好き私の目にはかっこいいダニエル様の姿しか目に入って来ません。むしろボンド役とイクメンとのギャップに萌えるので、ダニエル様には申し訳ないけど、このようなプライベートの写真はじゃんじゃん見たい。パパラッチもグッジョブ!!

というか、このダニエル、年相応のダンディな雰囲気でボンド役のスーツ姿のときに引けを取らないくらいかっこいいし、むしろ世の中のイクメン推奨のきっかけとなっていいんじゃないかと思ったのは私だけなのでしょうか。

男子たるもの育児などするべきではないということなのか、それともボンドなら赤ちゃんくらい片手で抱けということなのか。どちらにしても時代遅れなマッチョ志向のピアーズには、映画『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンスも「ピアーズよ、あなたは男らしさがどういうものなのかわかっていない」と非難。

ピアーズは「パプースは男らしくない恥ずかしいもので、なんでそんなものを使う必要があるのかと述べているだけ」とコメントしてるけど、逆に、普通に育児しているダニエルの私生活の画像を自分の売名(?)のために利用して個人攻撃するピアーズのほうが男らしくなくて恥ずかしいのは明白なのに、何を言ってるんだか、という感じ。

一連の騒動後、ピアーズが司会を務める朝番組『グッド・モーニング・ブリテン』に出演したコメディアンのハリー・ヒルが、「パプースを使用している世の男性たちとダニエル・クレイグからのリベンジだ!」と叫びながら、クリームを塗ったパイをピアーズの顔に投げつけたのです。突然のことにあっけにとられるピアーズと、静まり返る観客たち。だけどダニエルファンとしてはめちゃくちゃスッキリ♡ 「ハリー・ヒル、グッジョブ!!」とお礼を言いたいくらいなのであります。

レイチェルと結婚してから幸せ太り気味の感があるダニエル様。少し前のスーツ姿がこちら。キメるときはバシッとキメて、プライベートはスウェットに抱っこ紐で人目気にせずイクメン。このギャップが最高(私的に)! 写真:Shutterstock/アフロ