という、私の友人Jimin Leeの初めてのコレクションから、シルクスカーフシャツを。 7年くらい前のの黒のシルクパンツと、今シーズン初めて買ったのカーキーのスエードブーツ。


パリは10月ともなれば、街路樹のマロニエの葉が散り始めます。
ポルトガルでの、毎日水着のコーディネートから突然一転して、朝の気温は8、9度のパリに戻って来ました。

さて、今年の秋、私のコーディネートはどうしよう?
日本のような秋と違って、パリは朝と午後の日差しの中では、かなりの気温差があります。
ですから軽いコートの中は半袖。ノースリーブでも、ちょっと秋らしいカラーと素材のドレスを組み合わせます。
ミモレでのインタビューはこちら)にも書いてあるように、私はそのシーズンに着るものをクローゼットの中から取り出して、何パターンかコーディネートしてしまうのです。

まず始めにスタイルの選択。今シーズンの私のテーマは「ニュー・レディライク」。
そしてカラーはブラウン、ブラック、ネイビーブルー。
素材は、カシミア、シルク、レザー。
靴は、フラットシューズと歩きやいブーツ。

‘80年代、友人のエリック・ベルジェールがデザイナーだった時ののシルクプリントコート。狩猟柄なのでかなりの期限限定コートに、のシルクネットのドレスを。ベルトとバックは、靴は、サングラスはもちろん私のブランドで。
20年は前ののレザーコート、ヴィンテージののヒョウ柄ノースリーブドレス。小物はのバッグ、のスニーカー、のサングラス。
の‘60年代ヴィンテージコート、3年前ののブラックドレス、15年くらい前ののバック、そしてVINISE(パリのセレクトシューズショップのオリジナルブランド)のフラットな靴。
のカシミアコート、ヴィンテージののドレス、冒頭の写真と同じのブーツ、‘80年代のルノー・ペルグリーノのヴィンテージバッグ、のサングラス。


中心となる5パターンのコーディネートを決めれば、これでこの後のロンドン、NYの出張も、悩まずに出かけられます。
薄いハンガーに服をかけて今シーズン用のクローゼットに入れておけば、そのままスーツケースにしまえばいいのです。
おでかけ、簡単!