0:31am
ブルーライトをカットするレンズを入れて、少し前に新調したメガネをかけて
初めての原稿はパリのホテルのベッドの上からお届けしています。
この夏に植物療法士の資格を得た私でもありますので、身体のことなど、皆さまといろいろと共有していきたいと思いこの連載も、お洒落のことから、旅、心や身体の不調に向き合う私たちの術などを毎週お届けして行きます!!

.....しかしながら、そのスタートがミッドナイトとは、ちょっぴり笑ってしまいますが。
そんなところも時折ひょっこりと顔をだしますが、ゆったりとした時間にゆったりと楽しんで頂ける連載になるといいなと思っています。
睡眠についてもお話したいと思っているので、お手本になるためにもそろそろ眠らなきゃ......皆さま、それでは毎週水曜日に!!!

Summer Holiday 「夏休みの終わりのバースデー」

 

8月31日、夏休みの終わりには夫の誕生日があります。
そこに偶然、女友達からのバリ島へのヴァケーションの誘い。
出張続きだし、夫のバースデーがあるから行けないと話すと、バリでお祝いをしようよ!!
突然ながら素敵なアイディアをもらい、なるほど、サーファーの夫には最高のバースデープレゼントになるに違いない!

夫に提案すると電話口でも表情をうかがえるような喜びで、OK!
旅の予定が決まると、いつもとは違って不思議にそこから旅が始まった。久しぶりに夫婦でパッキング、一緒に出かけるのも何だか久しぶりでわくわくした。
女友達はそれぞれスケジュールが少しづつずれたりもしていて、現地集合。

 

空港へはいつも3時間前に着いてラウンジでの時間を楽しむ夫。私も空港が好き。
できれば早朝の空港がいい、深夜の空港も好き。私には、どこの国でもないようなふんわりした浮遊感が時に心地よくて。
いつもより小さめのトロッターに、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ私のトランクと、夫の大きなサーフボードケースと(旅の荷物はコンパクトでいたい夫はスーツケースは持たずに)大きなリュックサックを預けて、チェックインをすませたらラウンジに向いた夫の足をオレンジ色のブランドショップに導く(笑)。何となく惹かれたのは正解で、いつもはなかなか気に入った色柄に出会えないスカーフ、大判のカシミヤストールに好みの色柄がたくさん!!
髪型がしっくりと決まらなくて自分でざっくり切ってしまった髪に細長いタイプのスカーフを結んでみると、「似合うね。」と言った夫に、鏡のなか、目を輝かせてこたえる「本当ね!! 私もそう思う!! 」
ヘアアレンジなど苦手な私が、さらりと巻いて様になったスカーフ。気分が盛り上がるとつい甘えたくなり、誕生日の夫に逆におねだりしてみると、.....成功!! (涙)


それぞれ異なる5つのベッドルームには、各部屋にバリに暮らすアーティストの絵が飾られている。

品のある淡いグレージュトーン、解放感が気持ちいい、広々としたテラスも素敵なマスターベッドルーム。
スワンという可愛い名ののスイムウェアに、のコットン 刺繍ガウンを羽織って。鮮やかなグリーンのリボンのハットは、クラッチバッグもお揃いのカラーリングで、ヘレンカミンスキーのもの。
パリのエルボリステリアで購入した『エキナセア』のタンチュメール (ハーブをアルコールで抽出したもの)。エキナセアは免疫力をアップしてくれるもので、旅先にはいつも常備しています。日本ではコスメキッチンなどで購入できますよ。
オーガニックストアでのお買い物。今では日本で手に入らないものなんてないのかもしれないけど、似たようなものでも、植物も、育つ場所、環境で成分が変わっていたりするように、宿るエネルギーも違っていると思うのです。なので、旅先で気にとまるものはわりと買って帰ります。
今回の旅にもLesportsacのトラベルパッキングポーチ3サイズ。パッキングが本当に楽に上手になりますよ!! 
 

バリに着いてからは、夫はサーフィン、私たちは、チャングーの町をぶらぶらしたり、ヨガをしたり、ただただのんびりヴィラを満喫する贅沢な時を過ごしたり、男勝りに(笑)働く私たちの女性性を取り戻すような、やわらかな時間に癒されるのでした。

夫は海へ、妻はヴィラで、同じバリの空の下、お互いがそれぞれの時間を楽しんでいる面白い旅。
51歳のバースデーを迎えた夫。いつまでもこんな風に笑っていて欲しいな。
日が沈んだあとの影絵のような光景、この時間が好きで毎日眺めた。
今回ステイした素敵なは、1棟貸しの5ベッドルームのラグジュアリーヴィラ。100人くらいのWeddingもできちゃう広さ!!
雰囲気のいいテーブルの天板。
竹籠をいくつも束ねた照明。旅先からたくさん、インテリアのインスピレーションをもらいます。
ハートウォーミングなスタッフの細やかなもてなしにも癒される...こちらはダイニング。
や、などから予約できます!!
One day trip to Ubud


大人気なくはしゃいだ、ヴィラでの夫のバースデーパーティー。
昨晩の余韻を残しながら最終日はウブドゥへ。
町に到着すると雨が降っていて、艶々の緑に出迎えられました。
雨が似合うウブドゥの町。

チャングーの町を歩くと、初めて訪れたときから20年の時を経た今も、未だバリはその場で足踏みをしているような、暢気な時の流れに不思議な安堵感と、懐かしさを覚える。
アナログな感性を呼び覚まされるような、再びそっとその感覚のなかへ誘われるような、見えないものが見えてくるような神聖な島なんだなぁと改めて、感慨深いものを感じる旅になりました。