ただいま秋冬モノの展示会シーズン真っ最中❤ ある日、某プレスルームで新作の説明をフンフンと聞いていたら、「有田さん、それって、あのぅ・・・・・・」とおしゃれプレスの姉さまの視線がおずおずと下方向に。つられて私も下を見たら、自分の右足がドライビングシューズ! 左足はキンキラフラット靴と左右が別人格状態になっておりました。数分間、爆笑に包まれるプレスルーム。でも、きっとみんな内心はビビっていただろうし、一体何がと悩んでいたはず! みなさま、ごめんなさい。私も自分自身がこわかったです!

プレスルーム近くの難しい駐車場にやっと停めて、慌てて出たので履き替え忘れてしまったのでした。その後は、確認してから出るようにしたので、きっともう大丈夫!!!


さて、そんなすっとこどっこいな有田、さらに年齢を重ねてますます緊張感が薄まり、物覚えも悪くなっておりますところに、いろいろ覚えることの多いインド占術の勉強を始めたのはよいけれど・・・・・・。


49歳で自動車普通免許を取得した時と同じく、まずはクラシックな方法ですが参考書に線を引き、別の紙に書き写してみたりしました。
→歩いて5分で頭から抜けちゃってダメダメです(^^ゞ

 

懐かしの“暗記用ペンと赤いシート”も買ってみました! 今もあるのね、としみじみ。これを使うのは何十年ぶりかしら?
→うっすら透けたりもするけれど、少し頭に残るようになりました❤

受験を思い出します。単語カードも水に濡れてもOKなのがあるんですね。
→お風呂でスマホをいじるより、単語帳をめくりましょう!

 

インド占星術のホロスコープを立体的、多角的に観ていくためにも、それぞれのエレメントをクリア下敷きに書いて、重ねてみたり。
→なかなか覚えられず自己嫌悪。でも、重ね続ける、書き続けることが大事。


こんなふうに昔ながらの方法を繰り返していた日々に
ある日、プチ革命が起こりました。 
「デジタル文具」を取り入れることにしたのです❤
※みなさん、もうご存知でしたらイマサラでごめんなさい。

もう重たい本やノートを持ち歩かなくてもOK! 
達成率やスコアなどもつくので、ゲーム感覚で楽しみながら暗記ができます。

 
 

APPをダウンロード。撮影すると専用マーカー部分を認識して、黒塗りにしてくれます。指で画面をタップすれば正解が見える仕組み。
 

 
 
 

APPをダウンロード。質問と答えを書いて、撮影するとデジタル単語カードにしてくれます!
 

頭の悪さ、脳のエイジングを日々痛感しながらも、お助け文具やデジタル革命のおかげで楽しみながら勉強を進めています。資格取得のお勉強にも使えるのでぜひお試しくださいませ。やはり反復練習あるのみですね! 

あまりに覚えが悪くて恥ずかしいのですが、手書きとデジタルの併用で、インド占術のお勉強、諦めずに引き続きがんばります~~。