いよいよ9日金曜日から始まる「トランクいっぱいのパリ雑貨市@代官山アッサンブラージュ」

 

長年にわたり、本の取材や旅行などで個人的にコレクションした欧州の雑貨や文具を年に1回大放出する蚤の市イベント。

2回目となる今年も、代官山の雑貨店「アッサンブラージュ」さんとのコラボで、オシャレな店内スペースでの開催となります。

今回も、ヴィンテージものの食器、キッチン雑貨、インテリア小物、バッグ、アクセサリー、文具全般を出品します。

今回、私が力を入れているのは、文具の中でも大好きな紙類の数々を詰め合わせた「紙のお楽しみ袋」紙オタクに喜んでもらえるよう、半世紀以上前のヴィンテージな雑誌や、ラベル、絵葉書、切手、古い新聞、楽譜、セピア色の古い文学書などを分解して、セットにしました。

 

それぞれに思い出のある紙ばかりで、「あーミラノのアンティーク店で一目惚れした1950年代のインテリア雑誌だなー」とか

 

「パリのアンティーク紙市で、まとめ買いした絵葉書だなあー」とか、

「切手市で3時間も歩き回って集めたもの、、出そうかなあ、やめようかなあー」とか、、、紙きれ一枚一枚から思い出が立ち上ってくるので、作業が楽しくてたまりません。

一人でも多くの人に、欧州の紙の味わい深さを知ってもらいたいので、紙類お楽しみ袋は、、かなりのお買い得な設定にしました。

他にも、世界各地のエアメール封筒アソートセットとか、メイドインUSAのレターセットの詰め合わせとか、、ポストカードの詰め合わせとか、、フランス語のシールセットとか、、

 

今、我が文具部屋は、紙だらけ、、、、笑

あ、、そして、今まで宝物として大事に保存していた、エッフェル塔が描かれた数十年前と思われる紳士小物のお店のポスターのようなビンテージペーパー、、、思い切って5枚限定で出品します。

ヨーロッパでは、紙類も古ければ古いほど、希少価値が出て、デザインの良いものには高値が付いています。一目惚れしたこの古い紙、、清水の舞台から飛び降りました、、、笑

引き続き文具部屋で、準備に励みます。

9日から18日まで、アッサンブラージュ代官山で、ご興味ございましたらお出かけくださいませ!

アッサンブラージュ代官山