title
1

今季の2大注目カラーをcheck!
大人が使いやすい色No.1は
深みがありつつ鮮やかな“ビビッドグリーン”

 

まだまだ寒さは続くけれど、冬アイテムには飽きてきてしまった……。そんな冬の終わりに頼りになるのが、一足先に春を感じさせる“カラーアイテム”。今シーズン取り入れるべき色は? アイテムの選び方は? 今すぐ知りたい大人のための春色先取りテクを、スタイリスト望月律子さんが伝授。今日から毎週火曜日&金曜日、全8回にわたって色の楽しみ方をご紹介します。

まず最初は、やはり気になるトレンドカラーについて。「この春夏に大人が取り入れるべき2大トレンドカラーは“ビビッドグリーン”と“ライラック”!」と言い切る望月さん。第一回目の今回は“ビビッドグリーン”の魅力を解剖します。
「グリーンの中でも今シーズン注目すべきは、深みのある鮮やかな発色のもの。トレンドのムードにぐっと引き寄せてくれる強さがありつつ、基本的に寒色系なので大人が安心して取り入れられるはずです。今までならネイビーを合わせていたようなスタイリングにこのグリーンをトッピングするだけで、ぐっと新鮮なムードになれます」

  •  
  •  

Ritsuko's Point

「このコートはサテン生地ならではの上品なツヤが“大人仕様”のポイント。コットンのようなマットな素材だと、ラフになりすぎるかもしれません。さらにゴールドのシューズでメタリックの輝きを添えて、カジュアルをアップグレードさせています」

今季の展示会でも、各ブランドから登場していた“ビビッドグリーン”。インナーにはあまりたくさんの色を使わず、グリーンのコートを際立たせるようなスタイリングがおすすめ。コートのような大きな面積のものでぐっと華やかにするのはもちろん、小物でピリッと効かせても印象的に仕上がります。

コートの鮮やかなグリーンが際立つよう、インナーはホワイトベースでクリーンにまとめて。グリーンロングコート[共布ベルト付き]¥37000/マルティニーク (マルティニーク ルコントルミネ新宿店) ¥11000/ルミノア×デミルクス ビームス、バッグ¥60000/カパフ(ともにデミルクス ビームス 新宿) パンツ¥36000/グン ヨハンソン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) サングラス¥43000/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) ピアス¥16000/ココシュニック バングル¥26000/シンパシー オブ ソウル スタイル(フラッパーズ) 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ (ファビオ ルスコーニ 大阪ルクアイーレ店)


Other Choice

  • ざっくりとした編地だからリラックスムードで着られる。白いタンクトップをインしても。ニット¥26000/ドロワット・ロートレアモン
  • シルク混素材ならではの光沢感が魅力。Tシャツ合わせでシンプルに着こなすのもおすすめ。スカート¥22000/マルティニーク(マルティニーク ルコントルミネ新宿店)
  • 小さな面積のバッグなら、ビビッドカラーも取り入れやすいはず。バッグ[H23×W28×D6㎝]¥16800/ヤーキ(ショールーム セッション)


第2回「今季の2大注目カラーをcheck! 進化した大人のためのパステルはクールでシックな“ラベンダー”」はこちら>>
第3回「素材づかいで差をつける! 簡単おしゃれ見えがかなう淡トーングラデーション」はこちら>>
第4回「小さな面積でも効果絶大! スパイス的にトッピングするシルバー小物」はこちら>>
第5回「都会のエスニックスタイルに欠かせないマルチカラーアイテム」はこちら>>
第6回「強い色はどう取り入れる? 色分量を調節するレイヤードテク」はこちら>>
第7回「今買って真夏まで活躍するカラーリネンアイテム」はこちら>>
第8回「ベーシック服にプラス! きれい色ミニバッグでスタイルを活性化」はこちら>>

【お問い合わせ先】
アイヴァン 7285 トウキョウ tel. 03-3409-7285
ココシュニック tel. 03-5413-5140
ショールーム セッション tel. 03-5464-9975
デミルクス ビームス 新宿 tel. 03-5339-9070

ドロワット・ロートレアモン tel. 03-5360-2231
フラッパーズ tel. 03-5456-6866
ファビオ ルスコーニ 大阪ルクアイーレ店 tel. 06-6151-2095
マルティニーク ルコントルミネ新宿店 tel. 03-5324-0188
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 tel. 03-5786-0555

 

撮影/最上裕美子(モデル) スタイリスト/望月律子(kind)
 ヘア&メイク/小林懸(glams) モデル/小濱なつき
 構成・文/発田美穂