こんにちは、編集・川端です。大草直子の1問1答の動画、前回の【FASHION編】に続き、今日公開するのは【WORK編】です。大草編集長が仕事をするうえで大切にしていること、スタイリストとしての喜び、そして部下の私たちも初めて聞いた、部下とのコミュニケーションの信条とは……?

大草直子のwork habits10

【YouTubeの「」をチャンネル登録してさらに動画をチェック!】



――――仕事をするうえで大切にしていることは?

成果を150%で返すこと。
私たちは「お仕事をいただいてはじめて成立する」という受注のお仕事が多い。いただいたお仕事は必ず150%の成果・結果を出してお返しする、と思っています。

仕事への姿勢について、あらためて質問。いつも朗らかな印象の編集長ですが、自分に課しているミッションはストイック。(インタビュアー/川端里恵)
ワンピース/バーニーズで購入、ピアス/マルティニークで購入


――スタイリストとして一番うれしい瞬間は?

読者の方にお会いしたときに、
「大草さんに出会っておしゃれがラクになりました」
と言われるのが一番うれしい。
「おしゃれって言われるようになりました」とか「すごく素敵なものが集まるようになりました」とかではなくてね。

おしゃれのストレスを、スタイリストの仕事として、プロとして一つでも減らしたいと思う。

――やる気が出ないとき、自分にスイッチを入れる方法は?

現場に入ったときに明るく挨拶をするようにしています。
それは多分、相手に対しても(挨拶が重要)なんだと思うし、自分に対してもそう。
どんなに朝が早くても、具合が悪くても、二日酔いでも(笑)、朝ロケバスに入るときの挨拶は大きくするようにしています。

そんな大草編集長が一番怒る瞬間とは……!
すべての質問はこちら。ぜひ動画でチェックしてみてくださいね!

<Question List>
1 仕事をするうえで大切にしていることは?
2 人前で話すとき、緊張しないコツはありますか?
3 仕事が思い通りにいかないときの乗り越え方は?
4 エディターとして一番うれしい瞬間は?
5 スタイリストとして一番うれしい瞬間は?
6 仕事を選ぶ上で判断基準は?
7 部下とのコミュニケーションの信条は?
8 やる気がでないとき、自分にスイッチを入れる方法は?
9 仕事で一番怒ること、許せないことはなんですか?
10 65歳の大草さんは、どんな仕事をしていると思いますか?


いかがでしたでしょうか。
次回は【HOME & TRAVEL編】をお届けします。どんなに忙しいときもお花を欠かさない編集長。お花を飾るときのコツは? ライフワークでもある旅の次なるディスティネーションは? そして100歳の大草直子の野望に迫ります!

<大募集!>
幸せの秘訣、habitを聞いてみたい人、質問したいことを大募集いたします。こんな人にこんなことを聞いてみたい、ミモレにこんな人に出てほしい、というご希望を下記よりお寄せください。

 

動画撮影・編集/柳本創、森翔太、国分智之、ロゴデザイン/徳安友美()
ヘア&メイク/chisa 構成・文/川端里恵