2018.1.18

レイヤード上手なカジュアルスタイル① fromメルボルン

南半球にあるオーストラリアは現在、夏真っ盛りです。しかし、メルボルンは「1日の中に四季がある」と言われるほど、ころころと天候が変わる街。一年中、長袖のカーディガンやスカーフは欠かせないので、メルボルンの女性はレイヤード上手です。
男女共に普段はかなりカジュアルですが、ディナーやデート、コンサートにはぐっとドレスアップした姿で出掛けます。その「オン・オフ」の使い分けはお見事です。
今回はパワフルにメルボルンで活躍する女性の、カジュアルな着こなしをスナップしました。

メルボルンのコーディネイター 大木 和香さん

大草 直子

外資系金融の中間管理職を経て2011年、家族でメルボルンへ移住。地元銀行勤務から一念発起して、ライター・編集・翻訳者へ。ニュース執筆やコラム「それでも恋するメルボルン」では、メルボルンのグルメ事情を発信している。2児の母、万年おしゃれ修行中のミモレ世代。ミモレのブログでは、メルボルンのライフスタイルやモノについて書いている。
ブログ→ミモレ「メルボルンのモノ・ヒト・コト」
コラム→日豪プレス
Instagram→

Q.最近メルボルンで流行っているカフェは?


650 Little Bourke St., Melbourne VIC

メルボルンは街中にカフェがあり、そのトレンドは刻々と変化しています。2016年にオープンし、その年のベストカフェにも選ばれたは、19世紀の発電所をリノベーションして作られた大型のカフェ。天井まで15メートルある大空間を生かして、1階から3階まで、それぞれ趣が違うフロアがあります。初めて来た人のほとんどが、入口で天井を見上げ、このゆったりとした空間に驚きます。カフェですがお酒も飲め、夜はビストロ風の料理が楽しめます。
 

Q.働いている女性の休日の過ごし方は?

 

オーストラリアの女性は考え方も行動も、見習いたいほどパワフル。アウトドア派が多く、ビーチや山に行ったりと、アクティブに過ごす女性が多い印象です。また、メルボルンは公園が多く、休日にピクニックを楽しむカップルや家族連れが多いのも、「家族との時間」を何よりも優先にする、オーストラリア人らしい休日の過ごし方です。


 

ケリン・モシチツキさん/41歳/ブランドディレクター

自ら立ち上げたブランドのスニーカーがポイント!
マニッシュなカジュアルスタイルで

「私がディレクションしているの靴や小物を入れてコーディネートしています。小学生と幼稚園の男の子が2人いるので、普段からカジュアルスタイル。デザインをしている時もお店に出る時もこんなスタイルです。今日はジュエリーデザイナーとコラボしたコレクションからチョーク・スエードを使ったスニーカーを選びました。グリーンのシューズアクセサリーがアクセントです」(ケリンさん)身長/164cm

TOPS ジュンヤワタナベ
SKIRTS ゴーマン
RING ダイナソー・デザイン
NECKLACE ヴィンテージショップで購入
CAP A.P.C
BAG マリメッコ
SHOES Radical Yes

 

ジョアンナ・マッケイジーさん/44歳/スタイリスト

豪ブランドからチョイスした
大人のパステル・コーディネーション

「夏らしいソフト印象のコーディネーションにしました。リラックスした雰囲気だけど、エレガントな印象に仕上がるようにフラワー柄のトップスと柔らかい素材のパンツをチョイス。メルボルンはお天気が変わりやすいので上着は必須。ジャケットと足元を白で統一してすっきりとまとめています。アクセサリーはヘルシーで艶っぽいゴールドを合わせました。西オーストラリアをベースにするデザイナーのピアスです。」(ジョアンナさん)身長/173cm

JACKET & TOPS & PANTS & BAG Flannel
PIERCES Gabbi Kelly
SHOES スプリング・コート
  •  

 

クイニー・ウーさん/35歳/臨床心理学者

質にこだわって、カジュアルスタイルをクラスアップ

「量より質にこだわるのが私のポリシーです。トレンドに流されず自分に似合うもの、質が高くて永く使えるものを選びます。アクセサリーはパーソナルなアイテムで自分の一部みたいなもの。シャワーの時や寝る時も外さず、ずっと身に付けています。最近は明るい色の洋服に挑戦していて、パステルピンクのコートとリネン素材のオールインワンは、お気に入りのオーストラリア・ブランドの今季アイテムから選びました。」(クイニーさん)身長/172cm

COAT & ALL-IN-ONE ヴィクトリア・アンド・ウッズ
BRACELET カルティエ、エルメス
PIERCES エルメス
NECKLACE ヴァン クリーフ&アーペル
BAG & SHOES エルメス

 

\メルボルンはこんなところ/  

 

オーストラリア大陸の南に位置し、シドニーに次ぐ、人口約480万人のオーストラリア第2の都市。南半球にあるため季節は日本と反対。日本との時差は1時間で、ほぼ時差なく旅行が可能。(サマータイム期間中は2時間)日本からメルボルンまで直行便で約10時間30分。
1850年代のゴールドラッシュをきっかけにして、世界有数の裕福な都市に成長したメルボルンには、栄華を極めた当時の建物が今も多く残る。
また、公園が多く、街中に緑が溢れているため「ガーデン・シティ」と呼ばれ、ヨーロッパ風の建物との調和が美しい街。
多くの移民が住んでいることから、多種多彩な料理を楽しむことができる「グルメな街」としても知られていて、特に、カフェやワイナリーが充実している。

撮影/NOE CLARKE 取材・文/大木和香

 

第2回「レイヤード上手なカジュアルスタイル② fromメルボルン」はこちら>>

<福岡、札幌、仙台、急募!>
SNAPコーディネイターを大募集中!


スナップにご登場していただける方を編集部にご紹介、そして撮影から記事の執筆までをしていただくお仕事です。ご興味ある方はぜひページ下部の応募ボタンからご連絡ください。

・取材エリアは不問(ミモレが過去に取り上げたエリアの方も大歓迎です)。
・エディター、ライター経験者歓迎ですが、未経験でやる気のある方、ファッションが大好きな方も大歓迎です。

編集部員がフォローできるエリアは限られています。
皆様にご協力いただくことで、全国津々浦々、そして海外からも皆様のファッションの“今”を発信できればと考えています。ぜひ、私たちと一緒にミモレをつくってみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

※ご応募いただく際の情報は選考のみに使用し、他の用途には使用いたしません。
※お話を詳しくおうかがいしたい方のみ、編集部よりご連絡を入れさせていただきます。
※撮影にご協力いただきました方には謝礼をお支払いいたします。