本格的に寒くなり始めましたね!わたしは冬生まれですが寒いのは苦手です。アメリカ人のお客様で15年近く日本にお住まいの方は、冬が嫌いだから冬になるといつも温かいハワイやフロリダに行ってしまいます。うらやましい限りです。わたしも連れて行って下さい~と言うと来ればとあっさり言われます。
うん!行くね!と即答できるようになりたい!

さて、グチはさて置き、
痔と聞くと日本人の方はちょっと恥ずかしいし病気と思っていますよね!
そして女性だともっと恥ずかしい!
余談ですが外国の方もほぼほぼ痔持ちですよ。
こんなお話聞いたことありませんか?
お産より、痔の方が痛かった!なんて。
痔という病気は侮れない病気です。
寒くなると、痔が疼く季節です!
痔の方はほぼほぼ『便秘』便通が悪いと起こりやすいです。
この時期はお顔もカラダも乾燥しやすい。
だから、この時期は便秘もしやすい時期。
だってウンチも乾燥するから便通がわるくなり便秘になるわけです。
お客様で2週間も出ていない方がいました。
とても辛そうでした!
想像するだけで相当辛そうな腸・肛門たちと思ってしまいます。
一度、いぼ痔いわゆる脱肛が出てしまうと指で戻しても治りません。
昔は、痔で死ぬことはないけど一生死ぬまで持って行く病気と言われていました。

実は、私もいぼ痔脱肛がありまして、28歳の時に日帰り手術をしました!
それ以来、再びいぼ痔になる事はありません。でも便秘を繰り返していていると再び痔になる可能性があるようです。痔の手術以来、便秘をしないように心がけております。冬場はお尻を冷やさないようにしています。

ブラジリアンワックスVIO脱毛のOラインの施術する時にわかります。
施術をする前に必ず確認させて頂きます。
自覚症状がなくて脱肛だけされている方もいらっしゃいます。
痛くなったりしませんか?とお聞きするとそう言えば痛いときもあるかもと!
もし痔があるからブラジリアンワックスVIO脱毛をできないでお悩みでしたら、安心てお気軽にご相談下さいませ。

 


松丸弘美(まつまる・ひろみ) 
1970年 千葉県市川市生まれ。実家の梨園農園を営む両親の背中を見て育ち、自分でも何かを創くる事を漠然と考えていました。ダナ・キャランの服が大好きで19歳の時にNYまで行き挫折し。20代は香港で仕事中に突然難病と宣言され闘病し奇跡的に回復。その後、アメリカ・オーストラリアへ渡米しBEAUTYを学び。30歳で表参道にShou BEAUTY SalonをOPEN。当時はまだ数少ない『ブラジリアンワックス』を提供し。15周年のパーティーでは、お客様からの褒め言葉『BEAUTY OTAKU』を頂き。今年17年目を迎えます。
『アンダーヘアの白髪・おまたのタルミ』お悩み相談募集中!
Made in TOKYOのブラジリアンワックスをぜひ試して見てください。 www.shousalon.com