雨ばかりで気が滅入りますが、トレンチコートが活躍する日が多いのは嬉しいです。なんかいつもよりカッチョよく写っていません?

大森先輩と同じこの日、ミモレ大学の講義後、スタイリストの室井由美子さんたちと打ち合わせを終えて、建物を出たらもう外は暗かった・・・ささっと「今日のコーデ」用の写真を撮って帰ろうっと、と思ったら、

ちょっと待ったぁ〜〜コールのように(例えが古い! ねるとんのやつね)

片手を上げて近寄ってくる室井女史。「ちょっと直しますよ」と、撮影用にトレンチコートをささっと着せつけてくれました。その一部始終を公開します。

まずはウエストのベルトをぎゅっと(本当にぎゅっと)。「少し苦しいくらいにタイトに結んだほうが格好よく見えますよ」と室井さん。ラペルをきちんと開く。ここ私いつもなりゆきで曖昧にしてました。
そして袖をインナーごとたくし上げる。このビューティフルピープルのトレンチは袖が割とタイトなので、まくるのではなくて、細かくギャザーを寄せるようにたくし上げてくれました。「せっかくの袖口のベルトも見えた方が格好いいしね」。なるほどです。

恐縮しきりの私。最後にひと仕上げ。

後ろ襟を軽く立てる。「されるがままの七五三の子どもようだね」と大森先輩(笑)

そして出来上がったのがこちら↓
 

もったいないからこのまま飲み会へ行ったのですが、何がすごいって全く着崩れない!
自分でなんとなく着ただけだとこんな感じ。明らかに着太りしてますね(汗)。

トレンチコートの着こなし、何度も撮影も立ち会ったし、大草編集長の動画も撮っているのに、さて自分のこととなると”ただなんとなく着て”しまっていたのを猛省しました・・・。

そして今日は、室井さんと「おしゃれ更年期の処方箋」の撮影をしています。私自身、大好きだったはずなのに、すっかり似合わなくなってしまったあのアイテムを克服すべく、室井式(スパルタ?)レッスンを受けています。どうぞお楽しみに♫

CREDIT :
コート/ビューティフルピープル(この日と同じ
セットアップ/ナノ・ユニバース(この日と同じ
バッグ/ジャックルコー(この日と同じ
シューズ/ドクターマーチン(この日と同じ

川端 里恵

ミモレでは主に美容とシステムを担当。身長151㎝。ストリートカジュアル育ちのため、ボーイッシュとプレッピーが大好き♡ですが、本当に学生に間違えられることも……。大人の素敵な女性を目指して日々これ精進なりです。

これまで紹介したコーディネート一覧を見る